ファンケルトピックス

ファンケルのイベント・セミナー・サービス・商品へのこだわりなどを
ご紹介させていただくコーナー。

【Fチャンネル スピンオフ】 ひざ関節の働きをサポート!『楽ひざ』のこだわりを商品担当が徹底解説!

商品に込めた熱い想い!を、企画や開発担当のファンケル社員が動画で語るコーナー「Fチャンネル」のスピンオフ企画。
第8回は、ひざ関節が気になる方をサポートする「楽ひざ」について、商品企画担当・櫻田さんに聞きました。

目次✍

40歳前後から気になる、ひざの違和感……実はとっても怖いトラブルかも
「楽ひざ」でひざ関節の違和感を和らげ、クオリティ・オブ・ライフを向上させる
1日1粒でしっかりサポート!その秘密は、体内効率製法にあり
40代からのひざケアに。よく体を動かす人やスポーツをしている人にもおすすめ!
📺担当者インタビューを動画でチェック!

40歳前後から気になる、ひざの違和感……実はとっても怖いトラブルかも

――関節の違和感を覚える方は多いのでしょうか?
櫻田:はい、とても多いです。
ファンケルが行ったお客様アンケートによると、40歳以上の女性の60%がひざに悩みを抱えていることがわかっています

――どんなときに違和感を感じやすいのでしょうか?
櫻田:ファンケルが行ったお客様アンケートでは、24%の方がしゃがむ時、28%の方が歩く時、35%の方が立ち上がる時、41%の方が階段を上り下りする時に膝に悩みを感じていました。
つまり、ひざに負担のかかるシーンで違和感を持つ方が多いということですね。

――違和感や痛みといったひざ関節のトラブルは、体にどんな影響を与えるんでしょうか?
櫻田:ひざが気になると、「あまり動かなくなる→ひざ回りの筋肉が衰える→ひざに更に負担がかかる→痛みが悪化するという悪循環に陥ってしまいます。
そうなると、外出する機会が少なくなり、家に閉じこもりやすくなって人とのつながりや社会とのつながりも薄れていきかねません。

――ひざの違和感や痛みをきっかけに、クオリティ・オブ・ライフも下りかねないということですね。
櫻田:そうなんです。
ですから、まずはひざの違和感を取り除き、ひざ回りの筋肉を鍛えて、ひざを健康な状態にしてあげる必要があります

「楽ひざ」でひざ関節の違和感を和らげ、クオリティ・オブ・ライフを向上させる

櫻田:ひざ関節の違和感を和らげるのが、こちらの「楽ひざ」。
日本初、ふたつの軟骨成分「プロテオグリカン」「Ⅱ型コラーゲン」を配合した臨床試験実施済みの機能性表示食品です。

――「楽ひざ」とは、どんな商品なのでしょうか?
櫻田:「楽ひざ」は、ひざ関節の違和感を緩和し、お客様の快適な日常生活やひざ周りの筋肉を鍛えるなど、改善努力する際のサポートができる商品だと考えています。

――軟骨成分のひとつ「プロテオグリカン」と「Ⅱ型コラーゲン」はどのような成分なのでしょうか?

櫻田:体の軟骨は、65~80%が水分ですが、残りの成分ではⅡ型コラーゲンが15~20%、プロテオグリカンが3~5%、ヒアルロン酸が1%、そしてその他成分で構成されています。

関節軟骨の構成成分

――軟骨は、水分を除くとほとんとが「Ⅱ型コラーゲン」と「プロテオグリカン」で構成されているということですか?
櫻田:まさにそのとおりです。
軟骨の中で、プロテオグリカンは、スポンジのように水分をたっぷり含んで保持し、なめらかな動きを助け、衝撃を吸収するクッションのはたらきをしています。
Ⅱ型コラーゲンは、軟骨内にはりめぐらされ、主に軟骨を支える柱のはたらきをしています。

――では、これらを摂取することでどんな働きがあるのでしょうか?
櫻田:Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカンを摂取することで、「抗炎症作用」があることが確認されています。
そもそも、ひざ関節が痛くなる原因は、軟骨のすり減りによっておこる「炎症」です。
軟骨のすり減りによって生じる断片が免疫細胞などを刺激して炎症を起こし、痛みの原因となります。
プロテオグリカンとⅡ型コラーゲンは炎症を抑制する免疫細胞(制御性T細胞)の割合を増加させ、炎症を起こす免疫細胞(マクロファージ、好中球等)の働きを抑え、抗炎症成分で炎症を鎮める効果があります。

1日1粒でしっかりサポート!その秘密は、体内効率製法にあり

「楽ひざ」の開発にあたってファンケルがこだわったのは、軟骨成分の溶けやすさと働きやすさ。
実は、「プロテオグリカン」は、錠剤に高含有すると水に溶けにくい性質をしているのです
そこで用いられているのがファンケル独自の「体内効率製法」です。

――「体内効率製法」とはどのような製法なのでしょうか?
櫻田:「体内効率製法」は、ファンケルがサプリメント開発時に大切にしている考え方です。
例えば、健康に有効な栄養素でも、摂り過ぎると逆効果になってしまうこともあります。
また、ただ摂るだけでは溶けにくかったり吸収されにくかったりすることもあります
そういった成分を、適量かつ効率よく吸収されるようにサプリメントを設計することを「体内効率製法」
と呼んでいます。

体内効率製法

――「楽ひざ」でもこの製法が取り入れられているということですか?
櫻田:そうです。今回の楽ひざに配合している「プロテオグリカン」は、1粒にたくさん配合すると、粒が溶けにくくなる性質をしているんです。
溶けないと、中のプロテオグリカンが機能を発揮せずに排泄されてしまうことが考えられます。
そこで、発泡する粒にすることで崩壊性を改善し、きちんと溶けて働きやすい設計にしました。
この溶けやすさは、開発時に非常にこだわったポイントのひとつです。

図表

40代からのひざケアに。よく体を動かす人やスポーツをしている人にもおすすめ!

――「楽ひざ」は、どんな人におすすめですか?
櫻田ひざ関節に違和感を持っている方、特に40歳以上の方にぜひ摂っていただきたいですね。
また、スポーツやお仕事で体を動かす方などで特定の関節を酷使される方では、気づかない内に軟骨がすり減っている可能性がありますので、そういった方にもおすすめです。

――ひざに痛みがあるときだけでなく、毎日飲んだほうがいいんでしょうか?
櫻田:はい、臨床試験では12週間毎日摂取することで機能性を確認していますので、ぜひ毎日続けて飲んでいただきたいです。

40歳からのひざの違和感・痛みの緩和をサポートする「楽ひざ」。
いつまでも元気に明るく人生を過ごすには、早めのひざケアが大切!
気になる方はぜひお試しください。

担当者インタビューを動画でチェック!

ファンケルとお客様をつなぐコミュニケーションサイトfancl parkの「Fチャンネル」は、ファンケル社員が商品について熱く語る動画コーナーです。
Fチャンネルナビゲーターの「ワルケルくん」の手厳しいツッコミと、商品担当の掛け合いは注目です♬
インタビュー動画は続々公開予定。ぜひ「Fチャンネル」もご覧ください。

Fチャンネル

記事制作

fancl style編集部

fancl style編集部