ファンケルトピックス

ファンケルのイベント・セミナー・サービス・商品へのこだわりなどを
ご紹介させていただくコーナー。

【Fチャンネル スピンオフ】新発想の“時短野菜”で手軽に栄養を!ファンケル「濃縮野菜 国産ケール100%」の魅力と使い方を商品担当がご紹介!

商品に込めた熱い想い!を、企画や開発担当のファンケル社員が動画で語るコーナー「Fチャンネル」のスピンオフ企画。
第3回は、新発想の時短野菜「濃縮野菜 国産ケール100%」について、商品企画担当・森川さんに聞きました。

目次✍

「濃縮野菜 国産ケール100%」は新発想の時短野菜!?
「濃縮野菜」の魅力とこだわりは「手軽」「コンパクト」「栄養豊富」
国産ケール100%の栄養価と安全性とは
「濃縮野菜」は、野菜が足りないときの“お助け野菜”としてぴったり!
担当者のおすすめレシピ「簡単パスタ」をご紹介♪
鮮度抜群の時短野菜・「濃縮野菜」で、手軽に栄養補給をしましょう♪
■📺担当者インタビューを動画でチェック!

 

新発想の時短野菜?「濃縮野菜 国産ケール100%」ってなぁに?

 ――「濃縮野菜」って初めて聞く言葉なのですが、これはどういう商品ですか・・・?
森川:
はい!新鮮なケールをピューレ状にし、1日分の緑黄色野菜量 (120g)相当を、1袋30gにギュッ!と濃縮した商品です
野菜が足りないかな?という時などに、手軽にお料理や飲み物に混ぜてお使いいただけます。

――濃縮することで、栄養が失われたりしませんか?
森川:サイズは1袋30gと小さいですが、含まれる栄養は従来から販売している「本搾り青汁 プレミアム冷凍」(1袋100g)と同じです。
ファンケル独自の「生濃縮製法」で、低温でていねいに濃縮することで、ケールのおいしさと栄養を壊さず商品にすることができました。
収穫してから商品にするまでの時間も極力短く(最短9時間)なるように工夫しています。


――どうして「濃縮野菜」というネーミングにしたのでしょうか?
森川:スーパーに行くと、様々な形で野菜が売られていますが、「生野菜」「冷凍野菜」「カット野菜」などに並んで、「濃縮野菜」が新しいカテゴリーになってほしいという想いでネーミングしました。

野菜の買い置きがないときでも、混ぜるだけで野菜をしっかり摂れるしかも、洗ったり切ったりの下準備も必要なし!そんな新しい発想の野菜として使っていただきたいです。

手軽に使えて栄養豊富、しかもコンパクト! 「濃縮野菜」の魅力とこだわり

――濃縮野菜を開発しようと思ったきっかけを教えてください。
森川:世の中には野菜ジュースや青汁など、野菜不足解消のための飲み物がたくさんあります。それなのに、日本人の野菜不足の状況は何年も続いています私たちは、この状況を何かできないだろうか・・・と、ずっと考えていました。

野菜を食べる機会を増やしたい。
そんな願いから、飲み物はもちろん、お料理にも使える「濃縮野菜」の開発に至りました。濃縮したピューレ状のケールを料理に使ってもらえたら、生野菜を使うより手間も少なくてすみますし、冷凍して長い期間保存しておくことが可能です。

手間も少なく、保存性も良い新発想の野菜は、家族みんなの野菜不足解消のお手伝いができると考えました。

トマトソースに濃縮野菜を混ぜ入れる様子

ミートソーススパゲティ

 

――「コンパクトで保管しやすい」というのも、ポイントなんですよね^^?
森川:そうなんです!現在の「本搾り青汁 プレミアム冷凍」のお客様から「冷凍庫の場所をとるのは困る」というお声をいただいていたので、その解決策として出てきたアイディアが、「濃縮してコンパクトにする」ということだったのです。
一般的な冷凍うどんよりもコンパクトサイズなので、ひとり暮らし向けの小型冷凍庫でも邪魔にならないと思いますよ。

 

濃縮野菜の大きさを表した図

栄養価の高さとおいしさ・安全性は、国産ケール100%だからこそ

――原料としてケールを用いたのはなぜですか?
森川:ケールの栄養に絶対の自信を持っているからです。
欧米ではふだんから食べられていますが、日本ではまだまだ普及していません。ケールは「野菜の王様」と称されるほど栄養が豊富で抗酸化力も野菜の中で抜群に高いんです。

 

――ケールにもこだわりはありますか? 
森川:はい、国内の契約農家で栽培したケールのみを使用しています。
おいしく、栄養価が高い状態で収穫するために、土づくりからこだわって育てています
毎年、苗を植える前に土を分析して、ケールに最適になるようにミネラルバランスを整えることで、えぐみの少ない味と高い栄養価を実現しています。
化学農薬も一切使わず、虫も人の手でとって、収穫も葉を傷つけないように手で1枚ずつ収穫しているんですよ。

――「濃縮野菜」はケールの味や香りはしますか? 
森川:ケール本来の味がします。
濃縮の過程で青臭さがとぶので、香りは強くありません。

――混ぜると、料理や飲み物の味は変わるのでしょうか?
森川:料理にもよりますが、味がしっかりしたものに混ぜると苦みは感じにくく、どちらかというとコクや深みが出る傾向があります。
飲み物では牛乳や、乳飲料、豆乳などが良く合います。ケールの苦みをほとんど感じずに飲んでいただけます。

濃縮野菜を混ぜた牛乳

 

「濃縮野菜」は、野菜が足りないときの“お助け野菜”としてぴったり!

――「濃縮野菜」はどんな人におすすめですか?
森川:野菜をしっかり摂りたいと思っている全ての人におすすめですが、特に、忙しい中でも家族の健康を考えて日々頑張っているお母さんのお役に立てたらと思っています。

時間がないときや「ちょっと野菜が足りないかも?」というときに、サッと登場するお助け野菜として使っていただければ嬉しいです!

――野菜不足になりがちな単身者の方にも良さそうですね
森川:そうですね!単身者の方は、どうしても野菜不足になりがちだと思うので、「濃縮野菜」をぜひ取り入れていただきたいです。市販のパスタソースやレトルトカレー・インスタントスープに混ぜるだけでも栄養バランスがアップしますし、もちろん飲み物に混ぜて摂っていただくのもおすすめです。

どんなふうに使えばいいの?担当者のおすすめレシピをご紹介♪

――森川さんイチオシの、ドリンクや料理に混ぜるレシピはありますか?
森川:私のおすすめは、スモークチキンと濃縮野菜の簡単パスタです♪

 

▶▶スモークチキンと濃縮野菜の簡単パスタの作り方

① 適量の塩を入れたお湯でパスタを茹でる
② オリーブオイルでにんにくを炒める
③ ②にスモークチキン(スーパーやコンビニで売っているものでOK)を加える
④ ③に茹で上がったパスタと解凍した濃縮野菜を入れて和える
⑤ お皿に盛り付けて完成!

 

森川:麺類は、どうしても野菜不足気味になりがちですが、濃縮野菜を入れることで1日分の緑黄色野菜を摂ることができます
スモークチキンのだしとケールの相性も良いので、ぜひ試してみてください。

鮮度抜群の時短野菜・「濃縮野菜」で、手軽に栄養補給をしましょう♪

――「濃縮野菜 国産ケール100%」は、開発に着手してから商品化まで4年の歳月がかかったとお聞きしましたが、苦労したエピソードなどを教えてください。

森川:今までなかった「鮮度を維持したまま濃縮する」技術を確立するために、製造ラインからすべて自分たちで考え、試行錯誤を繰り返し、失敗を繰り返しながらここまできました。
開発当初のころは、色は暗い深緑・味は顔が変わるくらいまずい・飲んだ瞬間みんな無言・・・など、実現不可能なんじゃないかと思うこともありました。
研究の担当者は、工場のある愛媛にマンスリーマンションを借りた方が良いのではないか?というほど出張していたのを覚えています。

 

森川さんと濃縮野菜

そんな苦労の末に実現した、鮮度抜群の時短野菜「濃縮野菜 国産ケール100%」

栄養価の高い国産ケールのおいしさと栄養を手軽に摂取できるので、野菜不足が気になる方は、ぜひお試しくださいね。

▼▼ご紹介した濃縮野菜 国産ケール100%はこちらでご購入いただけます▼▼

 

担当者インタビューを動画でチェック!

ファンケルとお客様をつなぐコミュニケーションサイトfancl parkの「Fチャンネル」は、ファンケル社員が商品について熱く語る動画コーナーです。
Fチャンネルナビゲーターの「ワルケルくん」の手厳しいツッコミと、商品担当の掛け合いは注目です♬
インタビュー動画は続々公開予定。
ぜひ「Fチャンネル」もご覧ください。

Fチャンネルロゴ

記事制作

fancl style編集部

fancl style編集部