レシピ

美と健康にうれしい人気レシピコーナー♪
動画レシピも多数掲載中。

パン粉なしでフワッフワ!野菜たっぷりヘルシーハンバーグ 【レシピ動画】

今回は、みんな大好き!ハンバーグのレシピをご紹介します♪
このハンバーグは、パン粉を使いません。

目次✍

どうしてパン粉を使わないの?
ハンバーグを上手に作るコツ
玉ねぎは炒める?生?
ふわふわハンバーグのレシピ【動画】
チェックポイントは肉汁!ハンバーグの焼き方のコツ

 

どうしてパン粉を使わないの?

ハンバーグに使われるパン粉の役割をご存知でしょうか?

その答えは、「硬さ調整」です。
パン粉(だけ)を加えると材料の水分を吸って、ハンバーグに硬さが出ます。
これによって、ハンバーグがひび割れしにくくなります。
一方、牛乳を吸わせたパン粉を加えると、水分でハンバーグに柔らかさが出ます。
このようにパン粉は便利な反面、パン粉を使うと、お肉の風味や食感が少し薄れてしまう場合もあるようです

そこで今回は、パン粉を入れず、にんじんのすりおろしをたっぷりと入れたハンバーグをご紹介します。
お肉の風味や食感をしっかり残したまま、ふんわりジューシーな仕上がりのハンバーグに仕上がります♪

ソースはレモンしょうゆソースで夏らしくさっぱりと!(レシピを見る

ハンバーグを上手に作るコツ

ハンバーグ作りでよく聞く失敗、それは「割れてしまう」「ぱさつく」
この2つを回避して、成功させるためのポイントをご説明します。

失敗①焼いているときにひび割れてしまう

ひび割れは、ひき肉をしっかりとこねることで防げます。
粘りが出るまで、こねましょう。
また、片面をじっくり焼き色がつくまで焼き固めることも大切です。
固まる前に裏返してしまうと、そのタイミングで割れてしまうことがあります。

失敗②ハンバーグがパサパサしてしまう

パサツキの原因のひとつは、フライパンで焼いたときに脂が過剰に溶け出してしまうから。
手でこねているうちにタネが常温になってしまうと、このような現象がよく起こります。
時間があるときは、ハンバーグを成型した後にバットに並べて、冷蔵庫でしっかり冷やしましょう
脂を冷やし固めてから、高温で表面を焼き固めると良いでしょう。
また、焼きすぎもパサツキの原因になるので要注意!(焼き方のチェックポイントは、記事の最後でご紹介します

 

玉ねぎは炒める?生?

ハンバーグには玉ねぎを入れることが多いのですが、生の玉ねぎにするか、炒めた玉ねぎにするかはレシピごとに異なります。
生の玉ねぎは炒めない分、時短になりますし、玉ねぎの食感が残って味にメリハリが生まれます。
ただし、生の玉ねぎは、水分が出てタネがゆるくなってしまうので、みじん切りにした後によく水分を切ることが必要です。

一方、炒めた玉ねぎは、加熱の香ばしい風味が加わり味の深みが出ます。
炒めたら一度冷やしてから引き肉に入れましょう。

 

ふわふわハンバーグのレシピ【動画】

カロリー:392kcal
食塩相当量:3.9g

【材料】(2人分)

(ハンバーグ)
・豚ひき肉…130g
・鶏ひき肉…130g
・玉ねぎ…1/2個
・にんじん…1/2本
・卵…1個
・塩こしょう…少々
・オリーブオイル…小さじ1
(レモンしょうゆソース)
・しょうゆ…大さじ2
・砂糖…小さじ1
・レモン汁…小さじ1
・塩こしょう…各少々

【下準備】

・にんじんは皮をむく。
・玉ねぎはみじん切りにして、水気をしぼる。
・卵は割っておく。

【作り方】

1.にんじんはすりおろし、水気をしぼる。

摩り下ろされるにんじん

2.豚ひき肉、鶏ひき肉、玉ねぎ、にんじんすりおろし、卵、塩こしょうを合わせ、しっかりとこねる。

こねられるミンチ肉

3.2等分に分け、小判形にまとめる。両手でキャッチボールして中の空気を抜き、真ん中をくぼませる。

真ん中にくぼみをつくられるハンバーグ

4. フライパンに、オリーブオイルを強火で熱し、3を両面色良く焼く。

焼き目がついたハンバーグ

5.水(大さじ2くらい)を入れて、蓋をし、弱火で3〜4分焼く。

ハンバーグを焼いているフライパンに水を入れる様子

6.ハンバーグを皿にとり、しょうゆ、砂糖、レモン汁、塩こしょうを加え、さっと一煮立ちさせる。

沸騰するソース

7. ハンバーグにかけて完成!

ソースをかけられるハンバーグ

 

チェックポイントは肉汁!ハンバーグの焼き方のコツ

ハンバーグはまず高温で焼いて、表面を焼き固めます。
その後、ワインや酒、なければ水を加え弱火で蓋をして3〜4分蒸し焼きにします。
竹串で真ん中を刺してみて、肉汁がピンクや赤ならば、まだ生焼けです。
肉汁が透明になったら、中まで焼けているサイン。
もし肉汁が出ないようなら、それは焼きすぎかもしれません。
フライパンの熱伝導の仕方でも違いが出るので、ぜひお好みの焼き具合を探してみてください。

盛り付けられたハンバーグらの真俯瞰ショット