美容・化粧品

スキンケアやメイクの基本、美容に良い食品など、
美のプロフェッショナルたちがアドバイス。

体の日焼け跡、ケアはどうしたらいい?なる早で美白に戻すコツ【皮膚科医監修】

炎天下の海やプールで遊んでいるうちに「体がヒリヒリと日焼けしてしまった」という経験はありませんか? 
顔の日焼け対策はしっかりしていても、意外と体は油断して怠りがちです。

海などに行かなくても、日焼け止めクリームを丁寧に塗りにくいうなじなどは、日常生活の中でうっかり日焼けをしてしまうこともあるのではないでしょうか。
体が日焼けした(日焼け跡ができてしまった)場合、どうしたら早く元の状態に戻せるのでしょうか。

今回は、体の日焼け跡の解消方法をご紹介します。

✍目次

まずは日焼け後の肌はどんな状態かを知ろう
日焼けした体を早く元の状態に戻すコツ
これ以上日焼けしないために!知っておこう、日焼けの仕組み

まずは日焼け後の肌はどんな状態かを知ろう

日焼け後の肌は、簡単にいえば軽度のやけどをしている状態です。
肌が赤くなってヒリヒリしたり、腫れたりするのは、紫外線によって皮膚が炎症を起こしているから。

ですから、日焼け後のケアでは、まずは皮膚の炎症を抑えることが大切です。
そのうえで、日焼け跡を残さないための美白ケア・紫外線による肌老化を防ぐためのケアを行いましょう。

日焼けした体を早く元の状態に戻すコツ

①日焼け直後のケアは、保湿と冷却が基本!

日焼け直後のスキンケアでは、炎症を鎮めるための「冷却」と、皮膚の乾燥を防ぐための「保湿」が重要です。

【冷却】
まずは冷たいシャワーや冷水などで冷やしましょう。
敏感肌だったり水ぶくれが気になったりする方は、濡れタオルを日焼け箇所に巻く・タオルで巻いた保冷剤をあてるなどの、優しい冷却を。
コールドスプレーも良いのですが、症状によっては肌荒れをさせてしまうこともあるので、慎重に。
冷たい飲み物を飲んで、体の中からクールダウンするのもおすすめです。

【保湿】
冷やして炎症が治まった後に、ヒアルロン酸やセラミドなど高保湿成分を含む保湿剤でしっかり保湿を。
日焼け後の肌は水分が蒸発しやすく乾燥しがちですので、丁寧に保湿ケアをしてください。
いつものスキンケアやボディケアよりも、丁寧さを意識して保湿剤をなじませて。
ローションパックなどもおすすめです。
大きめのコットンに保湿剤をたっぷり染み込ませれば、ボディパックにもなります。
うなじなどに使いやすいので、ぜひチャレンジを。
また、脱水症状の予防と皮膚への保水のために、水分補給もしっかりと。
水またはスポーツドリンク・経口補水液が適しています。

②炎症が落ち着いたら美白ケアへ。美白成分配合の化粧液を取り入れて

赤みが落ち着いたら、保湿を継続しつつ美白剤を肌に塗ると効果的です。
美白成分には、メラニンの生成を抑制するものとシミを薄くするものがあります。
メラニン生成を抑制する成分としては、ビタミンC誘導体、ビタミンE、グルタチオン、アルブチン、ルシノール、コウジ酸、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどがあります。
シミを薄くする成分としては、ハイドロキノンなどが知られています。
これらを含むローションやクリームなどで毎日スキンケアをしましょう。
ハイドロキノンはやや刺激のある成分なので、二の腕の内側などでパッチテストをしてから開始してください。
美白剤の使用は半年を目安に継続しましょう。
効果を急ぐ場合は美容皮膚科などで、より多くの美白有効成分を含む注射や点滴、イオン導入などを受けるとよいでしょう。

ファンケルのおすすめアイテム >>>  肌本来の美白力を引き出す「無添加ホワイトニングシリーズ」
関連記事「安全性・有効成分はどう見分ければいい?美白化粧品を選ぶポイント

③入浴や適度な運動で代謝の促進をする

赤みや火照りが改善した後は美白成分の使用が有効ですが、より効果をあげるためには皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促進することも大切です。
新陳代謝がいいと、それだけメラニン色素の排出もスムーズになります。
入浴や適度な運動で代謝を促進してあげると良いでしょう。

また、睡眠不足だとお肌のターンオーバーが乱れやすいので、睡眠もしっかりとるように心がけてください。
十分に炎症が落ち着いていれば、ケミカルピーリングも有効です。
古い角質を取り除き、肌の代謝を高めてくれる効果があります。

④日焼けによる肌老化を予防!抗酸化成分を摂取

紫外線を浴びると体内で活性酸素が過剰発生するため、肌老化が進みやすくなります。
放置していると、シミやソバカス・シワ・毛穴のたるみなどのトラブルにつながる恐れがあります。

そこで、美白ケアと合わせて、活性酸素の過剰発生を抑制する抗酸化成分の摂取がおすすめです。

抗酸化成分としては、ビタミンAやビタミンC、グルタチオン・スーパーオキシサイドディスムターゼ(SOD)などの酵素・植物化学物質などが有名です。
これらは、食品やサプリメントで摂取することができます。
食品では、バナナ、トマト、なす、アボカド、にんじんなどがおすすめ。

ファンケルのおすすめアイテム >>> 粉末青汁 商品一覧

⑤酷い日焼けは皮膚科へ…!

赤みが強い場合や水ぶくれが見られる場合、ステロイド外用薬が必要になる場合もあるので、早めに皮膚科を受診してください。

これ以上日焼けしないために!知っておこう、日焼けの仕組み

日焼けしてしまったのは仕方のないこと。
上記の日焼けを早く戻すコツを参考にしつつ、次からは日焼けをしないように、まずは日焼けの仕組みを理解しましょう。
日焼けの種類は「サンバーン」と「サンタン」の2種類あり、それぞれUVBとUVAが関係しています。
特徴は下記の通りです。

①サンバーン

紫外線を浴びた直後に現れる赤み(紅斑)などの急性症状をサンバーンといいます。
やけどのような状態で、ひどくなると水疱ができることもあります。
主にUVBによる肌の表層への作用によって、真皮乳頭体内の毛細血管が炎症反応として充血することが原因と言われています。
強い紫外線が降り注ぐ海やプールでは、サンバーンになる可能性があります。

②サンタン

紫外線を浴びてしばらくしてから、皮膚が浅黒く変色する日焼けをサンタンといいます。
主にUVAによって増えた活性酸素から皮膚を保護するために、メラノサイトによるメラニン色素の生成が促進されることが原因と言われています。
日常の軽い日焼けでは、特にサンタンに注意しましょう。

体が日焼けしてメラニン色素が増えると、顔のシミが濃くなることも稀にあります。
また、活性酸素は肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを変性・破壊するため、シワやたるみの原因にもなります。

さらに活性酸素が増殖すると、発がん性物質が生成されて皮膚がんのリスクも高まります。
日焼けによる様々なリスクを避けるためには、そもそもできるだけ日焼けをしないように対策することが大切なのです。

関連記事「シミのない美しい肌を手にれるために

まとめ

日焼けをすると、活性酸素によって肌老化が進んでしまうことがわかっています。
紫外線による様々なリスクを避けるためにも、UVケアは念入りに行いましょう。

また、日焼けした肌を早く元に戻したい場合は、なるべく早く「冷却」と「保湿」を行うことが大切です。
スキンケアと共に、抗酸化成分を含むサプリメントなどを併用してもよいでしょう。
もっと効果を急ぐなら、美容皮膚科で美白成分を含んだ注射や点滴を受けることをおすすめします。

秋もまだまだ紫外線によるダメージを受けやすい季節です。
気を抜かずにしっかりと紫外線対策を行って、新しい季節を迎えましょう。

監修

江川 裕美

江川 裕美 千里中央ゆみスキンクリニック 院長

「大阪市立大学医学部」、「大阪市立大学大学院医学研究科」卒業。「京都医療センター皮膚科」「洛和会音羽病院皮膚科」「宇治武田病院皮膚科」「大阪府内の美容皮膚科」などを経て、2016年9月「千里中央ゆみスキンクリニック」開院。「医学博士」「日本皮膚科学会専門医」。
クリニックでは、美容皮膚科、一般皮膚科、形成外科、漢方内科を提供し、分かりやすい説明と質の良い医療を心掛けています。モットーは、「皆様の肌にやさしいクリニック」。女性医師の立場から、美容に関するお悩みにも真摯に向き合い、健康的で自然な美しさの追求と、それを維持するお手伝いができればと思っております。

RECOMMEND おすすめ記事