老眼・疲れ目対策

目が疲れやすい、目の調子が悪い。それは老眼の初期症状かも?
老眼やスマホ老眼の基礎知識や、アイケア方法を、専門家がアドバイス。

【医師監修】疲れ目がスッキリ!眼精疲労に効く、ツボ押しと顔のエクササイズ

毎日パソコンやスマホを見ていると、目の疲れに悩まされていませんか? 
眼科医であり、アンチエイジングドクターでもある日比野佐和子先生は以下のように語ります。

「臨床の経験でも、近頃は目の衰えが早まっている人が多いと感じます。20代〜30代でも、目のピント調節が難しくなり、老眼と同じような症状が出る「スマホ労眼」になっている人が増えているようですクマやたるみは気にするのに、目の疲れは放置してしまっている人が多いですね」

そこで今回は、現代人が避けては通れない目の疲れを解消するツボやエクササイズについて、医師の日比野 佐和子先生に教えていただきました。

目次✍

目の疲労のチェックポイント
眼精疲労を治そう!効果的なツボはこれ!
ちょっと意外!? 目の疲れに効く「顔のエクササイズ」

 

目の疲労のチェックポイント

まずは、目の状態を知ることから始めましょう。
以下の項目で、当てはまるものをチェックしてみてください。
チェックシートこのチェックリストで5つ以上該当した人は、目に疲れが溜まっている可能性が!
意外な項目があるかもしれませんが、全て目の健康に関わるものばかりです。

「美しいものを見る」「目に良いものを見る」ということは、目の疲れを溜めないためにとても大切なこと。
私たちは目から8割以上の情報を得ているので、「何を見るか」はとても重要なのです。
できるだけ視界に余計なものを入れないように、部屋も整理整頓を心がけましょう。
気分がスッキリすれば目もともスッキリします。

緑に囲まれて読書する女性

眼精疲労を治そう!効果的なツボはこれ!

目の疲労の多くは、「毛様体筋」が緊張することがきっかけで始まります。
毛様体筋とは目の水晶体の厚さを調整し、ピントを合わせてくれる筋肉。
毛様体筋が衰えるとピント調節がうまくいかなくなり、目の疲れにつながります。
そこで、この毛様体筋をケアできるツボ押しを実践してみてください。

1.デスクで作業中にできる!簡単ツボ押し

今からご紹介するツボを「痛気持ちいい」くらいの強さで、息を吐きながら3〜5秒押してみてください。
眼球自体は押さないように注意してくださいね。

顔のツボ

A.睛明(せいめい)

目頭の骨のくぼにあるツボです。
両手の親指を使い、鼻に向かって押し上げるように押しましょう。
疲れ目がスッキリして、視界をクリアにしてくれますよ。

B.太陽(たいよう)

目尻と眉尻の中心よりやや外側にあるツボです。
両手の中指の腹を使い、頭の中心に向かって押してみましょう。
自律神経を刺激して、目の働きを高めてくれます。

C.顴髎(けんりょう)

目尻の外端から真下に延ばした線と、鼻の下端の水平線が交わるところにあるツボです。
両手の人差し指の腹を使って骨のキワを押し上げるように刺激しましょう。
眼精疲労を和らげるだけではなく、目の黄ばみ解消が期待できます。

D.四白(しはく)

眼球の入っている骨のくぼみ(眼窩)の下のヘリにあるツボです。
中指の腹を使って少し上に押し上げるように刺激しましょう。
疲れ目・眼精疲労・眼筋痙攣などに効果がありますよ。

 

2.仕事の休憩時間に!こりがとれて目が冴える、首・肩・手のツボ押し

顔だけでなく、首・肩・手にも毛様体筋のケア・目の疲れの回復効果が期待できるツボがあります。
ランチタイムやちょっとトイレに立ったときなどに、グッと押してみましょう。

首のツボ

A.風池(ふうち)

首筋のやや外側、うなじのくぼんだ部分。
首のこり・目の疲れの解消、頭痛の改善に効果があります。

B.天柱(てんちゅう)

風池から親指1本分内側寄りの、やや下に位置します。
首のこり・目の疲れの解消・頭痛の改善に効果があります。

肩のツボ

A.肩中兪(けんちゅうゆ)

頭を前に倒したときに首の後ろに出る骨(第7頸椎)の少し下で、首の中心から左右にそれぞれ指3本分外側に進んだところにあります。
慢性化した肩こりに効果があります。

B.肩井(けんせい)

首の根元と肩の外側とのちょうど中間あたりにあります。
肩こり・目の疲れ解消に効果があります。

手のツボ

合谷(ごうこく)

手の甲側の、親指と人差し指の分かれ目の、やや人差し指側にあるツボです。
首と肩のこり解消、手に痺れの軽減にも効果アリです。
仕事帰りの電車などでも押せるので、思い出したときに試してみてください。
電車を降りるときには、ちょっと目がスッキリしているかもしれませんね。

 

ちょっと意外!? 目の疲れに効く「顔のエクササイズ」

毛様体筋のケア・血流を促す方法には、ちょっと意外なものもあります。
それは顔のエクササイズ。
自律神経を整えて眼精疲労を和らげる効果が期待できますよ。

にっこり目もとほぐれる「スマイル・エクササイズ」

顔にある筋肉のうち、眼輪筋・前頭筋・眼瞼挙筋・大頬骨筋・上唇挙筋・口角挙筋など、目に関係する筋肉を刺激します
これで、筋肉の緊張がほぐれ、目もスッキリするはずです。
以下のエクササイズを心地よい回数、繰り返してください。

1-1.口角挙筋のスマイル・エクササイズ

口もとを緩め、左右交互に口角挙筋を引き上げましょう(イラスト参照)。

口角挙筋のエクササイズ

1-2.大頬骨筋のスマイル・エクササイズ

両方の口角に人差し指を軽く当て、左右交互に斜めに引き上げましょう(イラスト参照)。

大頬骨筋のエクササイズ

1-3.小頬骨筋のスマイル・エクササイズ

両鼻の脇あたりに人差し指を軽く当て、前歯を見せるように上唇を上げましょう(イラスト参照)。

小頬骨筋のエクササイズ

1-4.上唇挙筋のスマイル・エクササイズ

口をとがらせて上唇を上げましょう(イラスト参照)。

上唇挙筋のエクササイズ

1-5.眼瞼挙筋のスマイル・エクササイズ

まゆを上げて額にシワをつくります。
次に額の両脇を人差し指と中指で軽く押さえて、目を「開く」「閉じる」を繰り返します(イラスト参照)。

眼瞼挙筋のエクササイズ

 

まとめ

一時的な目の疲れも、放置していると眼精疲労の状態になってしまいます。
今回ご紹介したようなツボ押しやエクササイズを心がけて、健康な目を保っていきましょう!

 

次の記事では「目の疲れ」と「眼精疲労」の違いをご紹介します。お楽しみに♪

眼精疲労のバナー

 

監修

日比野 佐和子 先生

日比野 佐和子 先生 アンチエイジングドクター・医学博士

Y’sサイエンスクリニック広尾統括院長、
大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授、
同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、
ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長、
Rサイエンスクリニック広尾院長などを経て現職。
国際的に活躍すると同時に、テレビの健康番組などで積極的に医学情報を発信。

RECOMMEND おすすめ記事