スペシャル

イベントやセミナー報告、リサーチやインタビューなどのカテゴリです。

うるおいによる“本物のツヤ”が叶える、モテ美肌。ファンケルの“新ベースメイク”マスコミ向け発表会を開催しました!

2017年6月ファンケル銀座スクエアで、この秋にリニューアル新発売となる、ワンランク上のツヤ美肌になる新ベースメイク“モイスチャーライン”のマスコミ向け商品発表会を開催いたしました。

ファンケル 無添加ベースメイクのご紹介

ファンケルのベースメイクは、汗や皮脂に強く、紫外線対策と美白ケアができる「ブライトアップUVライン」と、乾燥を防ぎ、高い保湿効果で小ジワをカバーする「モイスチャーライン」の2つのラインをご用意しています。

「ブライトアップUVライン」は、2017年3月にリニューアル新発売以降、毛穴のカバー力や皮脂崩れしにくさなどの点で大変ご好評いただいています。

そして、2017年9月に「モイスチャーライン」も機能アップしてリニューアル新発売いたします。

秋冬に多くなる肌悩みは?

秋冬に多くなる肌悩みを調査したところ、トップ3は 

1位 乾燥

2位 ほうれい線

3位 ハリ・ツヤがないこと

という結果になりました。秋冬は乾燥による悩みが多くなってくるようです。そして乾燥は、メイクの仕上がりにも大きく影響します。

ここで、突然ですが質問です。どちらの肌がキレイに見えますか?

ベースメイク商品説明会

右の写真がキレイに見えますよね。右の写真は、うるおってツヤがあることでキレイに見えています。さらに、肌色もワントーン明るく見え、若々しく、ハリまであるように見えるのではないでしょうか。このように肌をキレイに見せるために、「うるおいによる本物のツヤ」はとても大事なのです。

男性200名に「理想的な女性の肌」をアンケート

今回、男性200名に「理想的な女性の肌」を聞いてみました。その結果

1位 ツヤ・うるおいがある肌

2位 透明感がある肌

3位 ハリがある肌

との順位に。やはり、ツヤ・うるおいがある肌は男性からもキレイと思われるポイントと言えそうです。

新ベースメイク モイスチャーラインのコンセプト

この秋新発売となる、ベースメイク「モイスチャーライン」は、‘うるおいを仕込んで、本物のツヤ美肌が続く、美容液級のうるおいベースメイク’というコンセプトで商品開発しています。ファンケルがこだわったのは、見せかけではない、“本物”のツヤ。それを叶えるため、様々なこだわりがあります。

【こだわり1】うるおいラッピング処方

肌の上にあるヒアルロン酸などのうるおい成分を、抱水力の高いつややかなオイルが抱え込む処方です。まるでうるおいを抱えたままラップを肌にかけたような状態になり、ツヤをキープします。うるおいラッピング処方の実験をご覧ください。

 

うるおい成分に見立てた水に、一般的なオイル(スクワラン)、うるおいラッピング処方のオイルをそれぞれ入れて撹拌します。一瞬混ざったように見えますが、スクワランはすぐに分離して元の状態に戻ってしまいます。一方、うるおいラッピング処方のオイルは分離せずに、水分を抱え込んでいるのがお分かりいただけると思います。

ツヤを訴求しているメイク商品は他にもありますが、ファンケルのモイスチャーラインは、単なるメイク効果だけではなく、肌のうるおいを高めることで“本物”のツヤを生み出すベースメイクです。

うるおい効果 従来品の4倍!

一般的には、メイクをしていると肌が乾燥してきますが、ファンケルのベースメイクはうるおいが一日中続き、むしろアップします。新モイスチャーラインをつけて8時間後の肌の水分増加量のグラフをご覧ください。従来品も水分量はアップしますが、新しくなったモイスチャーラインはその約4倍も水分量を高めます。

【こだわり2】くすみの原因を排除!美肌キープパウダー

メイク崩れやくすみの要因はなんといっても皮脂。夕方になるとどうしても肌がくすみがちになりますが、新しいモイスチャーラインでは、ファンデーションに特許成分である「美肌色キープパウダー」を採用しました。

一般的なパウダーは皮脂が混ざるとくすんでしまいますが、美肌色キープパウダーはくすみません!皮脂が混ざっても、色みの変化がとても少ないという特長があるので、一日中キレイなツヤ肌をキープできるのです。

ヘアメイクアップアーティスト 伊東 宏泰さんによる、デモンストレーション

スキンケアベース モイスチャーを塗る時のポイント

まず、全体にスキンケアベースを塗っていきます。下地だけでも、かなりツヤツヤできれいな肌に仕上がりますが、さらに肌のトーンを明るくしたいと思うところを中心に、重ねて塗るのがポイントです。

例えば、疲れて見えやすい目の下のクマ、法令線など、影になりやすいところに重ねると、スキンケアベース モイスチャーの“肌色補正果”で、トーンアップするので試してみてください。すごく伸びがいいので簡単にスススーとつけるだけで、ツヤ肌が生まれると思いますよ。

クリームファンデーション モイスチャーを塗る時のポイント

ベースメイク商品説明会

このファンデーションも、すごく伸びがいいです。顔の中心においたら、外側に向かって指でトントンと伸ばすだけで、すぐ広がります。

つけ方のポイントとしては、指を使うこと。指の体温でファンデーションがとろけてくれるので、スルスルとやわらかく伸びてお肌にも負担がかかりにくいと思います。これだけでもキレイに仕上がりますが、さらにカバー力を出したいところに“チョイ盛り”していきたいと思います。

それはどこかというと、目の下と小鼻の横の三角形の部分です。ここは毛穴やそばかすなど、隠したい部分が集中しているところなので、少し多めにファンデーションを重ねて層を作り、他は薄めにして強弱をつけると、全体的に素肌っぽい感じに仕上がります。

ファンデーションを重ねるときは、指先でトントントンとたたくような感じで。そうすると、毛穴がキレイに隠れるのでしっかりカバー力も出てきますよ。

ベースメイク商品説明会

こんな感じで、毛穴などが目立たなくなると、鏡を見るのがうれしくなりますよね。そうすると、気分も上がって自信もつくので、接近戦に備えて、これでOKという気分になれますよね。

新ベースメイク モイスチャーのラインナップ

新しいモイスチャーラインは、化粧下地と2タイプのファンデーションのラインナップとなっております。

スキンケアベース モイスチャー(化粧下地)

スキンケアベース

美容液成分を配合し、メイクでありながらも高いスキンケア効果でツヤ美肌を実感できる下地。肌色補正効果がある、角度によって赤色に輝く偏光パールを使っているので、自然な血色のある肌に仕上がります。メイクをお休みしたい休日や、ちょっとした外出ならこれ1つでもOK。

パウダーファンデーション モイスチャー

<パウダーなのにシルクのような仕上がり>

パウダーファンデーション

今回配合しているパウダーには自信があります。一般的なパウダーよりもすごく軽く柔らかいため、肌にのせた時に粉っぽくならず、なめらかで自然なツヤ美肌に仕上がります。また、「美肌色キープパウダー」で、時間が経ってもつけたてのキレイな明るい肌色をキープすることができます。

クリームファンデーション モイスチャー

<素肌っぽいのにツヤ美肌な仕上がり>

クリームファンデーション

みずみずしいのびで、このモイスチャーラインの特長をまさにご実感いただける商品です。こちらも「美肌色キープパウダー」配合で、時間が経ってもつけたてのキレイな明るい肌色をキープすることができます。特に乾燥が気になる方におすすめです。

 

使った瞬時キレイになれる、そして使い続けることで素肌そのものがキレイになれる、ワンランク上の本物のツヤ美肌を叶えるラインです。9月の発売をお楽しみに!

【9/20発売開始しました!】

お待たせしました!9/20よりモイスチャーラインの発売開始しました。詳しくは、ファンケルオンラインの特集ページをご覧ください。

記事作成

fancl style編集部

fancl style編集部

RECOMMEND おすすめ記事