レシピ

美と健康にうれしい人気レシピコーナー♪
動画レシピも多数掲載中。

黒い食べ物でアンチエイジング!体の中からきれいになる“ブラックフード”の秘密

今、“ブラックフード”が世界で話題なのをご存知でしょうか?

SNSで#blackfoodと調べてみると、とってもオシャレな黒色の食べ物がたくさんアップされています。例えばチャコール(炭)が練り込まれたソフトクリームやブラックベリー・ブラックセサミなど……黒色の食べ物はSNS映え抜群。しかもそれぞれに容効果が高いとして、女性から人気を集めています。

そんな世界で話題彷彿のブラックフードですが、日本の黒色の食べ物の美容効果、特にアンチエンジング効果もなかなかなもの
そこで今回は、管理栄養士の吉岡悠里可先生に「日本人に馴染みの深いブラックフード」を中心に、それらの持つアンチエイジング効果について教えていただきました。

若々しさのカギ「黒色」には、どんなパワーが秘められているのでしょうか?

目次✍

【黒米】アントシアニン色素に抗酸化作用が期待できる!
【黒大豆】女性におすすめの大豆イソフラボン!
【黒ごま】抗酸化作用+肝臓機能サポートも……!
【黒酢】クエン酸&アミノ酸に効能がたっぷり!
【実は黒色!?シイタケ】ビタミンB2で若々しい肌づくりをサポート!
【ひじき】食物繊維でスタイルアップ効果も!
【キクラゲ】血液からアンチエイジング!
ダイエット中にもおすすめ!体の中からきれいになれるブラックフードレシピ
まとめ

 

【黒米】アントシアニン色素に抗酸化作用が期待できる!

黒色の素となる要素のひとつに、ポリフェノールの一種「アントシアニン色素」があります。

このアントシアニン色素には細胞の老化などを防ぐ抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が期待できると言われてます。

豊富なアントシアニンを含み、また日本人が手軽に摂れる食材が「黒米」です。古代米の一種である黒米の皮には、アントシアニンが豊富に含まれています。毎日食べる白米に混ぜて炊いたり、黒米が入っているブレンド米を使ったりすれば、すぐに生活に取り入れることができておすすめです。

【黒大豆】女性におすすめの大豆イソフラボン!

黒大豆は上記のアントシアニン色素を含む、アンチエイジング効果の期待できる食材です。

また、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンも含むため、めまいやほてりなど更年期障害の症状に悩んでいる女性にもおすすめです。

【黒ごま】抗酸化作用+肝臓機能サポートも……!

黒ゴマもまた、アントシアニン色素を持つ食材です。
ビタミンEも含むため、相乗効果で強い抗酸化作用=アンチエイジングが期待できます。さらに、黒ゴマに含まれているa-リノレン酸やリノール酸・オレイン酸などの不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールの低下や動脈硬化・肝機能強化の効果も期待できるため、体の中からアンチエイジングをしてくれる食材だと言えます。

【黒酢】クエン酸&アミノ酸に効能がたっぷり!

黒酢の黒色の理由は、その発酵過程にあります。
お酢を熟成させるプロセスでアミノ酸と糖が反応することで、ゆっくりと時間をかけて、あのユニークな香りと黒褐色の色を醸成しているのです。

そんな黒酢に含まれるクエン酸は抗酸化作用を持つため、アンチエイジング効果があると言われています。
しかしクエン酸は、一般的な醸造酢も保有しています。
黒酢のすごいポイントは、他の醸造酢と比べてみたときに、アミノ酸も多く含んでいるところにあります。
アミノ酸には代謝を上げる効果があるので、若々しい美肌が生まれるのをサポートします。
また、ビタミンB群やミネラルも豊富なので代謝を促し、全身のアンチエイジングケアをしてくれるのです。

 

【実は黒色!?シイタケ】ビタミンB2で若々しい肌づくりをサポート!

意外ですが、シイタケは黒に分類される食材です(乾燥シイタケを想像してみると、黒色に近いものが多いかと思います)。
シイタケはビタミンB2が豊富なので、肌のターンオーバーを助け、肌荒れを防ぐ美容効果を持ちます。
旬の時季以外なら、干しシイタケで食べると良いでしょう。うまみ成分が増して、また違った味わいを楽しむことができます。

【ひじき】食物繊維でスタイルアップ効果も!

ひじきもアントシアニン色素をたっぷり含んでいます。
ひじきは食物繊維も摂れるため、スタイルキープをサポートするという意味でも、アンチエイジング効果があると考えられます。
水戻しのいらない「水煮ひじき」を常備しておくと、すぐに使えます。

【キクラゲ】血液からアンチエイジング!

ビタミンDをはじめ、カルシウム・鉄分などミネラルを豊富に含むキクラゲも、積極的に摂りたい食材のひとつ。
骨や歯を丈夫にするほか、貧血やめまい・高血圧改善などの若くて健康的な血液を保つのに効果的です。
食物繊維も豊富で整腸作用も期待できます。
食感も楽しめるので、根菜類と合わせてきんぴらにしたり、肉類、魚介類と炒めるのも良いですね。

ダイエット中にもおすすめ!体の中からきれいになれるブラックフードレシピ

【 黒米と黒いキノコのリゾット 】

 

リゾット

黒米は、黒い色の素、アントシアニンのほかにも、ミネラルや食物繊維などが豊富
血管を強くしたり血糖値の上昇を抑えたりする点でも、アンチエイジングな食材です。
腸の掃除にもなり、デトックスして更なるビューティーアップを。
腹持ちが良く、スタイルの気になる季節の食べ過ぎ防止にも。
フライパンひとつでできる簡単リゾットなら、皮の硬い黒米も手軽に楽しめます。
シイタケを加えてブラックフードパワーをたっぷりと。

【材料】(2人分)

黒米     20g
白米     100g
水      400~500 ml
コンソメ(固形)1/2個
白ワイン   100 ml
オリーブオイル 大さじ1
玉ねぎ    80g
にんにく   1かけ
乾燥キクラゲ 5g
シイタケ   40g     
ベーコン   20g     
塩、コショウ 各少々
パルメザンチーズ (お好みで) 大さじ1

【作り方】

1.黒米はあらかじめ20分浸水させておく。
2.キクラゲは水で戻し、軟らかくなったら細切りにする。
3.シイタケは石づきを取り、千切りにする。
4.ベーコンはサッとお湯をかけ、水気をよく取って5mm角に切る。
5.玉ねぎは5mm角に切る。にんにくは、みじん切りにする。
6.フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、玉ねぎを炒める。しんなりしてきたら、にんにく、ベーコン、シイタケを入れてよく炒める。
7.6に白米と黒米を加えて軽く炒める。キクラゲを加えてさらに炒め、白ワインを加え、よく混ぜる。
8.水とコンソメを加えスープを作り、7に2~3回に分けて加えて煮ていく。
9.米に少し芯が残る程度まで煮たら、塩、コショウで味をととのえてできあがり。好みでパルメザンチーズを振りかける。

 

 

 

【ひじきとモッツァレラチーズのすっきりサラダ】

ひじきサラダ

ひじきにはアントシアニン以外にも、食物繊維や葉酸・カルシウムなど女性に嬉しい成分がいっぱい。

低カロリーで、どんな料理とも相性がいいのも嬉しいポイント!

 

【材料】(2人分)

ひじき(水煮)  50g
エンダイブ    40g
モッツァレラチーズ 40g
オレンジ     60g

A:
オリーブオイル 大さじ2
黒酢      大さじ2
はちみつ    小さじ1
醤油      少々
塩、コショウ  少々

 

【作り方】

1.Aの調味料を合わせ、ドレッシングを作る。
2.ボウルにひじき缶をあけ、食べやすくちぎったエンダイブ・一口大に切ったモッツァレラチーズ、スライスしたオレンジを入れ、①のドレッシングで和える。

まとめ

アンチエイジングやデトックスを意識するうえで最も大切なのは、偏りなく栄養素を摂取すること。
不規則な食生活が気になっているという人は、ぜひブラックフードを使った栄養バランスの良いメニューを楽しんでください!

 

【監修】

吉岡悠里可

吉岡悠里可 管理栄養士

管理栄養士・日本糖尿病療養指導士。
現在、都内クリニック、病院にて糖尿病をはじめ、生活習慣病の栄養指導にて活躍中。
フードコーディネーター(商品カタログ等)、企業商品開発業務なども行う。