ライフスタイル

スキンケア、ボディケア、ストレス発散など、日ごろから取り組める健康に関するカテゴリです。
ステキな毎日をおくるヒントとなるような話題を提案します。

気温や湿度上昇で毛穴や大人ニキビが気になる方に! 夏を上手に過ごすコツ

猛烈な紫外線にじっとりとした高湿度、エアコンから吹き付ける冷風など、お肌にとっては何かとダメージが多い夏。特に、汗とともに皮脂が過剰分泌しやすくなるこの時期は、ニキビができやすくなるといわれています。

今回はニキビの出やすい時期の肌ケアのコツと、大人ニキビを作らないために日頃から気をつけておきたいことをご紹介します。

夏に大人ニキビが増える理由

梅雨から夏は、湿気が高く細菌が発生しやすい時期です。それは肌に対しても同じこと。湿度が高くなると汗をかきやすくなり、それによって皮脂が過剰分泌されます。そこにニキビの原因菌が皮脂をエサとして繁殖すると、肌に炎症が起こってしまうのです。

またこの時期は、汗以外にも紫外線や冷房による空気の乾燥などで皮膚のターンオーバーが乱れやすくなりがちです。角質細胞が硬化して皮脂腺に詰まり、ニキビを引き起こすこともあります。

さらに顔だけでなく、皮脂腺がたくさんある胸や背中、首の後ろあたりやおでこなどの髪の生え際に出やすいことがこの時期のニキビの特徴です。

ニキビの発生リスクを下げるためにできること

目に見えない毛穴の詰まりを放置したままにすると、ニキビが発症する原因になります。肌の奥にはニキビ予備軍が潜んでいることを忘れずに、日常生活の中でニキビ予防をしていくことが大切です。

1.汗をかいたらなるべくシャワーを
汗による皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりはニキビの原因のひとつです。それを防ぐためには、汗をかいたらシャワーで洗い流すのが一番。とはいえ、すぐにシャワーが浴びられないことも多いでしょう。そのような場合は水を入れたスプレー容器などを持ち歩き、汗をかいた部分に吹きかけて、清潔なハンカチやタオルなどで軽く押さえながら流すのも効果的です。

2.エアコンによる肌の乾燥対策を
冷房の効いた室内、特に冷風がお肌を直撃するような場所にいると、肌の水分がどんどん蒸発し乾燥が進みます。そのため肌のバリア機能が低下し、大人ニキビができやすい肌となってしまいます。冷房が直接あたる場所をなるべく避け、乾燥が気になる場合はスプレータイプの化粧水などでこまめに保湿するとよいでしょう。

3.紫外線を避ける
夏の肌トラブルは紫外線も原因のひとつ。紫外線によって肌の新陳代謝のサイクル(ターンオーバー)が乱れると、肌のバリア機能が低下します。外出する際は、日焼け止めを塗り、日傘や帽子を着用するなど、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

4.ノンコメドジェニック表示のある化粧品を選ぶ
化粧品の油分がニキビの発症や悪化の原因となることもあります。スキンケアアイテムは、できるだけオイルフリーのものを選んでください。「ノンコメドジェニック」のは、ニキビの第一段階である「コメド」ができにくい成分を使っている化粧品であるという表示です。こうした化粧品を選ぶのもおすすめ。

関連:ノンコメドジェニックテスト済みブランド「無添加FDR アクネケア」

また当然のことですが、化粧品をつけるパフやブラシも肌に触れるものですから、良くお手入れし、常に清潔に保つことも大切です。さらに、洗い流さないトリートメントやオイルミストといったヘアスタイリング剤に含まれる油分が、頭皮やフェイスラインのニキビの原因となることもあるので要注意。ニキビが気になる場合は、オイル成分が配合されているヘアスタイリング剤の使用も控えた方がよいでしょう。

5.肌によい食生活を
清涼飲料水やアイスクリームなどの甘いものは、暑い夏にはついつい欲しくなりますが、皮脂の分泌を促すため極力控えめに。アルコールも同様です。ニキビのない美肌を目指すなら、抗酸化作用のある緑黄色野菜やフルーツ、ナッツ、豆類、乳製品、海藻などをしっかり摂取するとよいでしょう。特に、鉄分不足になるとできやすいといわれるあごニキビが気になる方は、イワシ、カツオ、鶏レバー、豚レバーといった動物性の鉄分を積極的に摂取して鉄分不足を解消するよう心がけてください。

美肌レシピはこちら→ルテインで美肌作りをサポート! 手軽にルテインを摂れる簡単ビビンバをご紹介

なお、大人ニキビに限らず、ニキビができてしまったときは、洗いすぎない、こすりすぎない、触りすぎない、掻かない、つぶさないのが大原則。掻いたりつぶしたりするとニキビ跡となって残ります。

ニキビは放っておくとどんどん炎症が強くなるので、大切な肌のためには程度にかかわらず、とにかく早めに炎症を抑えることが必要です。炎症が見られる場合は、迷わず皮膚科を受診してください。早めのケアと適切な治療で症状の悪化を防ぎ、ニキビ跡を残さないように治しましょう。

<監修>

武田裕美子

武田裕美子

ゆみこ皮フ科クリニック(兵庫県神戸市中央区)院長。川崎医科大学卒業後、兵庫医科大学院皮膚科にて一般皮膚科・漢方医学・小児皮膚科・熱傷などの治療に携わる。その後、2003年にゆみこ皮フ科クリニックを開業。一般皮膚科診療とともに「ゆみこクリニカルサロン」を開設。トラブルに悩む女性に、皮膚医学と美容の双方からの治療と合わせて、栄養指導も行う。皮膚疾患は精神面と密接に結びついていることが多いため、カウンセリングを重視した診療を心がけている。

RECOMMEND おすすめ記事