ライフスタイル

スキンケア、ボディケア、ストレス発散など、日ごろから取り組める健康に関するカテゴリです。
ステキな毎日をおくるヒントとなるような話題を提案します。

梅雨の肌トラブルは紫外線の影響?!梅雨でも紫外線対策が必要なワケ

紫外線量は3~4月頃から増えはじめますが、実は雨や曇りの多い梅雨時期には真夏と変わらないほどになります。梅雨時期は日差しが弱いからと、つい油断してUV対策を怠り、気づかないうちに紫外線をたっぷり浴びていた……なんてことも。今回は梅雨の季節にUV対策が必要な理由やUVケアの方法をご紹介します。

曇りの日も肌は紫外線ダメージを受けている

肌に影響を及ぼす紫外線には、紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)の2種類があります。

UVBが真夏の日差しの強い時期以外は少なくなるのに対し、女性の美肌の大敵となるUVAは年中照射量が多く、梅雨時でも真夏と変わらない量が降り注いでいるので要注意。日差しを感じないとUV対策を怠りがちになりますが、UVAは雲も窓ガラスもカーテンも通り抜けるので、曇りのときも家の中にいるときも油断は禁物。日焼け止めを日常的に使用することをおすすめします。

 

UVAとUVBの詳しい解説はこちら:「シミのない美しい肌を手に入れるために。今すぐ始めたい基本の紫外線対策3つ」

 

エアコンの影響で肌の水分が奪われ、バリア機能が低下し、肌が不安定な状態になりやすいこともこの時期の特徴肌のバリア機能が阻害されることによって、紫外線の影響を受けやすくなるため、紫外線対策にいつも以上の気配りをしましょう。

目から入ってくる紫外線も日焼けの原因になる!?

また、目から入ってくる紫外線にも注意が必要。目に紫外線が入ると、脳が皮膚のメラニン細胞を刺激する指令を出して、肌の色を黒くするということが最近の研究で明らかとなっています。美白を保ちたい人は、日焼け止めに加えてサングラスの着用も忘れずに。色の濃いサングラスを着用すると瞳孔が開いた状態になり、かえって多くの紫外線を集めてしまうので、薄めの色のサングラスを選ぶようにしてください。

また紫外線は日焼けだけでなく、頭皮で活性酸素を発生させ、薄毛や白髪の原因にもなるため、外出する際は日傘や帽子の着用もおすすめします。

食べ物で紫外線対策や予防もできる

紫外線に負けない体はふだんの食事で作ることもできます。例えば、紫外線による活性酸素の発生を抑える働きのある、ビタミンCが豊富なフルーツや緑黄色野菜をたっぷり摂りましょう。中でも、紫外線からお肌を守る効果のあるフィトールやセラミドなどの成分を含むパイナップルは、特におすすめです。

さらに、抗酸化力の高いナッツ類などに多く含まれるビタミンEや、肌の新陳代謝を高めてメラニン色素を排出する働きのある牛肉乳製品海藻などに多く含まれるビタミンB2も積極的に摂りたい栄養素です。また、光老化を予防するために、コラーゲンも定期的に摂取したいものです。食事で必要な栄養が摂れない場合は、サプリメントを活用してもよいでしょう。

 

肌に表れるエイジングの8割が紫外線による光老化といわれています。最近では体の内側から紫外線対策をしてくれる、より利便性の高い飲むタイプの日焼け止めサプリメントなども登場しています。従来の塗るタイプの日焼け止めと併用することで、より効果的な紫外線対策ができるようになりました。10年後の肌のために、今できる紫外線対策をしっかりと行いましょう。

監修

武田裕美子(たけだ ゆみこ)先生

武田裕美子(たけだ ゆみこ)先生 ゆみこ皮フ科クリニック(兵庫県神戸市中央区)院長

川崎医科大学卒業後、兵庫医科大学院皮膚科にて一般皮膚科・漢方医学・小児皮膚科・熱傷などの治療に携わる。2003年にゆみこ皮フ科クリニックを開業。トラブルに悩む女性に、皮膚医学と美容の双方からの治療と合わせて、栄養指導も行う。カウンセリングを重視した診療を心がけている。

RECOMMEND おすすめ記事