ライフスタイル

スキンケア、ボディケア、ストレス発散など、日ごろから取り組める健康に関するカテゴリです。
ステキな毎日をおくるヒントとなるような話題を提案します。

シミのない美しい肌を手に入れるために。 今すぐ始めたい基本の紫外線対策3つ

眩しい太陽の日差しが気になる季節、うっかり日焼けをして肌ダメージを受けると『肌の修復機能』が低下してしまいます。この機能が低下すると、肌の角質層が厚くなってごわついたり、慢性的な炎症が起こったり、さらに怖いことにシミもできやすくなってしまいます。美しい素肌を手に入れるために、シミができるメカニズムと、今すぐ始めてほしい基本の紫外線対策を3つご紹介します。

シミができるメカニズム

シミは紫外線をたくさん浴びることでできやすくなります。紫外線で特に気を付けたいのは、オゾン層を通過して地上まで届くUVA(A波)とUVB(B波)です。

UVA(A波)
A波は肌の真皮層まで侵入して、じわじわとダメージを与える怖い紫外線です。A波はメラニンを黒化してシミをつくるだけでなく、弾性繊維層を破壊する性質も持つため、近年注目されている「光老化」の原因にもなります。光老化とは長年紫外線を浴びたことが原因で起こるしわ・たるみなどの老化現象を指します。また、「凸凹肌」「毛穴が目立つ肌」「ミカン肌」「イチゴ鼻」などのあらゆる肌のお悩みを増長させるともいわれています。

A波は波長が長いため、雲や窓ガラスをも透過しやすいということがわかっています。つまり、曇天時や室内にいるときも、知らず知らずのうちにこの紫外線を浴びている可能性があるのです。

UVB(B波)
B波は透過性こそ高くはありませんが、エネルギーが強い紫外線です。A波のように肌の奥深くには届きませんが、その強いエネルギーで肌表皮に大きなダメージを与えます。例えば長時間の日光浴で肌が赤く焼ける「サンバーン」の原因は、このB波です。肌の表皮を傷つけて炎症を起こし、肌の乾燥やメラニンの増加を招いて、シミをできやすくします。

できてしまったシミを治すには時間がかかります。クリニックでレーザー処置などをして取り除くこともできますが、日常生活で紫外線対策をして予防をすることもとても重要です。ニキビやアトピー、じんましんなどの炎症がある方は、それらがシミになりやすいので、さらに注意が必要です。

紫外線対策① 保湿

紫外線対策の第一歩は、日焼け止めではなく「保湿」。保湿が足りていない乾燥肌は紫外線のダメージを受けやすく、またシミも沈着しやすくなります。さらに保湿不足は肌のターンオーバーの機能低下を招き、シミの素のメラニンがうまく排出されない原因になります。紫外線の吸収を抑え、ターンオーバーを正常に整えるためには、自分の肌に合った化粧水でたっぷり保湿することが大切です。手のひらを使って、化粧水をしっかりと浸透させましょう。ハンドプレスした際に手が肌にピタッと吸いつくくらいまで丁寧に。

紫外線対策② 日焼け止め

日焼け止めはPAとSPFの効果や違いを知って、正しく選ぶことが重要です。

PA
PAは「Protection Grade of UVA」の略で、主にA波をカットする効果を表しています。PAの表示は、+(効果がある)、++(かなり効果がある)+++(非常に効果がある)の3段階表示。PAの効果は高ければ高いほど良いといわれていますので、ふだんからPA+++を使っても問題ありません。

SPF
SPFは「Sun Protection factor」の略で、主にB波による日焼け防止効果を表しています。数字が大きいほど効果が高くなりますが、その分肌への負担も大きくなります。SPF50はアウトドアや長時間の外出時に、普段使いの日焼け止めとしては15~30のものを選ぶようにしましょう。「それだけでは心配」という場合は、UVカット効果のある日傘やアームカバー、帽子、サングラス、リップクリームなどを併用することをおすすめします。

例えば日常使いには「PA+++、SPF15~30」の日焼け止めが理想的です。肌負担を抑えながらも、90%以上の紫外線をカットできます。

日焼け止めは顔から首にしっかりと塗りましょう。3時間おきに塗り直すと良いといわれていますが、3時間ごとにいちいちメイクをオフして日焼け止めを塗り直すことは現実的には難しいといえます。例えばUVカット効果のあるパウダーファンデーションを重ね塗りする、スプレー式日焼け止めをミストのようにかける、などで十分効果が得られるので自分にあったアイテムを探してみてください。

なお、日焼け止めを塗ったら、しっかりクレンジングで落とすことも大切です。日焼け止めが肌に残ると、肌荒れの原因にもなりかねません。帰宅したら早めに日焼け止めを落として、たっぷり保湿して肌をいたわりましょう。

紫外線対策③ 内側からのケア

紫外線対策には、抗酸化力の高いビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、βカロテン、ミネラルを食材から摂取することも大切です。ゴーヤに代表される夏野菜は上記の成分を含む食材なので、積極的に食生活に取り入れましょう。

しかし、食材選びで注意してほしいことがあります。それは、ビタミンCを含む食材の中には光毒性物質「ソラレン」を含むものがあるということ。ソラレンは紫外線の感受性を高める成分なので、摂取する際はその「時間」に気を付けなければなりません。例えばバナナやアボカド、柑橘系など、光で黒くなるような食材は朝や昼は避けて夜に摂るようにしましょう。朝に摂ると良いとされるのは、スイカやモモ、ブドウ、リンゴ、いちごなどのベリー類。野菜では、トマト、ピーマン、かぼちゃ、ブロッコリー、キャベツなどがおすすめです。

なお、上記の成分は汗で流れていきやすいという性質があるため、クリニックでは夏の間だけ抗酸化機能に特化したサプリメントの摂取をすすめることもあります。

まとめ

紫外線のダメージを最小限に抑えるには、「保湿」「日焼け止め」「内側からのケア」の3つの対策でしっかり予防することが大切です。もしも紫外線を浴びても、ターンオーバーが正常に働いて、真皮の基底層に生成されたメラニンが排出されていれば、シミはできにくくなります。

できてしまったシミを治すのには時間がかかるので、基本の紫外線対策と規則正しい生活を送ることで、健やかな肌を保つように心がけましょう。

<監修プロフィール>

西池 英里子(にしいけ えりこ)

西池 英里子(にしいけ えりこ) 医療法人社団 同仁会診療所 理事長/クリニック ル・ギンザ 院長

愛知県名古屋市出身。13代続く医家に生まれ育つ。大阪医科大学医学部卒。JR東海名古屋セントラル病院にて麻酔科医としての勤務を経て、元日本美容外科学会会長医師の下で美容医療の基礎を学ぶ。都内の数カ所の美容クリニックで院長として勤務。2016年、医食同源と自然に見せる美容・アンチエイジングをコンセプトにした新しい美容クリニック「Clinic Le GINZA」を銀座・数寄屋橋交差点に開業。都内のみでなく、国内各地、海外からも患者が多く通う。

RECOMMEND おすすめ記事