ライフスタイル

スキンケア、ボディケア、ストレス発散など、日ごろから取り組める健康に関するカテゴリです。
ステキな毎日をおくるヒントとなるような話題を提案します。

毛穴の黒ずみをなくす!? 皮膚科医に聞く、正しいケア・クレンジング方法

鼻の頭の黒ずみや小鼻周りのざらつきは、毛穴レスを目指す女性の大敵。
でも、毛穴対策グッズの中には使いすぎはよくないといわれるものもあるので、どのケアが正解なのかは悩みどころ。

「毛穴の悩みを解消するもっとも効果的なケアはどれ?」 

そんな疑問を解決するために、皮膚科医の高橋栄里先生に正しい毛穴ケアについてうかがいました。

全ての世代に共通する毛穴の悩みは「黒ずみ」

毛穴の悩みは年代によって違います。
20代ではニキビ、30代では毛穴の開きの悩みが多く、40代以降は毛穴の開きにたるみの悩みも加わります。

しかし、毛穴の黒ずみは全ての年代で共通する悩みです。

そんな毛穴の黒ずみの原因は大きく分けて4パターン。

①毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒ずみとなっている
②メラニン沈着による
③毛穴が広がったり、たるんだりして影ができ、黒く見えている
④汚れの沈着で黒ずんでいる

クリニックに訪れる患者さんで一番多い原因・お悩みは①のパターン。
この直接的な原因は、毛穴にできる角栓といえます。

角栓とは、角質が皮脂腺から分泌された皮脂と混ざり合って凝固し、毛穴を栓のように塞いでしまったもののことです。
角栓ができると毛穴が目立ちやすく、肌表面がざらざらしてファンデーションののりも悪くなります。

ですので、毛穴トラブルにお悩みの方は、まずは角栓ケアを丁寧にしてあげる必要があります。

毛穴の黒ずみの原因「角栓」の正しい知識

角栓は無理に取り除くとかえってターンオーバーの乱れを招いて、さまざまな肌トラブルの引き金になりますが、古い角栓を放置すると“黒ずみ”となってしまうことがあるので、適切なお掃除が必要です。

ただし、市販の商品を使って自分で除去をする際に、使い方を間違えたり使いすぎたりすると、かえってターンオーバーの乱れを招き、将来の毛穴トラブルの原因になりかねません。
毛穴の開きや色素沈着などの二次的なトラブルにつながることもあるので要注意!

角栓除去アイテムを使用する場合は使用上の注意をよく読み、ご自身の体質や生活習慣に合った製品を正しく使用しましょう。
できれば、毎日のコツコツケアで毛穴を守って、角栓による黒ずみを防ぐことをおすすめします。

 

※ターンオーバー※
表皮の基底層と呼ばれる深部で作られた角化細胞が、成熟していくに伴って表面に押し上げられ、やがて剝がれ落ちていく流れのこと

毛穴を守る正しいクレンジングの選び方はコレ!

毎日の毛穴ケア(角栓ケア)としては、適切なクレンジング・洗顔をして、肌に汚れや古い角質などの不要なものを溜めこまないようにすることが大切です。
清潔にすることを心がけ、ターンオーバーを正常に保つようにしましょう。

クレンジング中に肌をゴシゴシこすりすぎたり少量のクレンジング剤で洗うのは、肌摩擦を招いて肌に負担をかけるので注意しましょう。
もちろん、肌に合わないクレンジングを使い続けるのもNGです。

皮脂の分泌や汚れの度合いなどは、個人の体質や生活習慣によって異なるため、自分に合った頻度で肌に負担をかけない製品を選んで使用することが肝心。
クレンジング料は一般的にクリーム・オイル、シートタイプが主流ですが、それぞれのアイテムの特徴は一般的に以下となります。

・オイルタイプ

比較的洗浄力が高く、メイク汚れを簡単に落とすことができる。
一方で洗いすぎを招くこともあるので、選ぶならうるおいを残すタイプのものを。

・クリームタイプ

洗浄力が優しく、皮脂や角質を取りすぎないため、洗いすぎを予防する。しっかりメイクに馴染むまでは時間がかかるものもあり。乾燥肌や敏感肌の人に相性がいい。

・シートタイプ

洗い流し不要なので洗面所でなくても使用できるのがメリット。
使う際は汚れが残らないように丁寧にふきとることや、摩擦によって肌を傷つけないよう注意が必要。

 

自分にあった製品が分からないときは、洗浄力が弱めのものから試して自分に合っているものを選ぶ方法もあります。
四季によって使うコスメや皮脂の量が変わるため、そのときの肌状態にあったアイテムを選ぶのもポイントです。

また、保湿も大切です。

冬場は乾燥しやすいため、クレンジング・洗顔後の保湿は念入りに行いましょう。
なお、ピーリング剤の使用など、刺激の強い角質ケアを自己判断で行うのはあまりおすすめしません。
使用する場合は、こちらも製品の注意書きをよく読んで正しく使用してください。

 

肌のターンオーバーを正常に保つうえでは規則正しい生活習慣を送ることも大切なことです。
栄養バランスのとれた食事や良質な睡眠、ストレスを溜めすぎない生活を意識しましょう。

30代以降の開いた毛穴の原因と対策

30代以降は、黒ずみの他に「毛穴の開き」もお悩みにあがります。

その原因のひとつとして、皮膚の弾力の元となっているコラーゲンやエラスチンが加齢などによって減少し肌のハリがなくなることがあげられます。

弾力が低下した肌は毛穴を引き締める力が弱くなり、毛穴が目立ちはじめます。

さらに、間違ったお手入れのダメージが蓄積して毛穴が開いてしまったり、肌が乾燥してハリが失われ毛穴が目立つケースも!

30代以降の開いた毛穴の対策としては、まず、角栓のケアと同様に肌のターンオーバーを正常に保つお手入れを。
加えて表皮の奥にある真皮の繊維芽細胞の働きを活発にすると、なお良しです。
繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産生し、肌のハリや弾力、うるおいなどがアップするからです。

しかし残念ながら繊維芽細胞は細胞分裂に乏しいので、毎日の基本ケアが大切。
クリニックでのケアも取り入れていくと、毛穴の引き締めも期待できて効果的ですよ。

毛穴の悩みを放置すると将来どうなる?

毛穴悩みを抱えながら正しいお手入れをせずに肌のターンオーバーの乱れを放置すると、当然のことながら肌状態は悪化します。
毛穴悩みだけでなくキメの乱れやシミの増加・くすみなど、毛穴以外の肌トラブルにつながる可能性もあります。

毛穴の悩みを予防するには、クレンジング・洗顔で肌を清潔に保つこと、生活習慣の改善などに気を付けましょう。
そして、自宅のケアでは改善されない場合や悩みが深刻な場合は、プロに頼ることも視野に入れることをおすすめします。

肌のことを気軽に相談できる、かかりつけの美容皮膚科があると便利ですよ。

監修者

高橋栄里先生

高橋栄里先生 ロイヤルビューティークリニック 院長

銀座ロイヤルビューティークリニック院長。
AGAスキンクリニック/東京ビューティークリニック診療顧問。
美容皮膚科クリニック院長として診療に励む一方で、コスメについての講演活動や、過去には雑誌VERYの読者モデルを務めるなど、美に関する幅広い経験と知識を活かして活躍中。
高い技術とセンスによるヒアルロン酸・ボトックスなどの注入施術に定評があり、美容関係者からの指名も多い。
また、早くから毛髪治療にも取り組んでおり、美髪のスペシャリストでもある。
著書に『髪のお医者さんが教える女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法』(PHP出版)などがある。

RECOMMEND おすすめ記事