ライフスタイル

スキンケア、ボディケア、ストレス発散など、日ごろから取り組める健康に関するカテゴリです。
ステキな毎日をおくるヒントとなるような話題を提案します。

夏の美肌づくりのヒケツは洗顔!高級アイテムに頼る前に試してほしい3つのコト

お肌の状態が良くないと感じているのであれば、高級化粧品に頼る前に、季節に合わせた洗顔をしてお肌改善をしてみませんか?

「クレンジングや洗顔は、環境や肌状態に合わせて変えなくてはいけない。」

そう知ってはいても、実践できている人は意外と少ないもの。だからこそ、今回ご紹介する夏に合わせたクレンジングと洗顔を実践して、その美肌効果を実感してほしいと思います。

①スマートクレンジングでお肌を傷つけない

夏場は日焼け止めやウォータープルーフメイクを落とすために、強い力でごしごしとクレンジングをしている方も多いかと思います。メイクは落とせますが、その摩擦でお肌を傷つけてしまうことがあります。クレンジング剤は手の平で温めてからハンドプレスをするように顔になじませ、ゆっくりと優しく大きな円をかくように落としていきましょう。油性汚れを浮かせてしっかり乳化させることが、お肌を守るポイントです。
それでも落ちにくいメイクは、乳液やクリームを綿棒につけて優しくなぞるとスッと落ちるので、試してみてください。

②洗顔はお風呂で。夏の老廃物をスッキリ流そう!

夏は髪の生え際・顎下・エラ回りに汗がたまりやすくなっています。優しい泡でしっかり洗ってあげないと、顔カビ(※)の原因になることもあるので、クレンジング後の洗顔はいつもより広範囲を丁寧に洗ってあげましょう。汗が付着しやすい場所はリンパの多い場所でもあるため、優しく洗顔をするとリンパマッサージにもなってむくみもスッキリ!

また、洗顔はお風呂場ですることをオススメします。洗顔後にそのまま湯船に浸かると、湯気で毛穴がじんわりと開き、落としきれなかった汚れが浮かびあがって流れ出ていきます。

さらに汗の出やすい季節を利用して、お風呂場で足裏の中心部をマッサージするのも良いですよ。血行が促進されて汗とともに老廃物が出てていき、翌日のお肌に透明感がでます。

(※)関連記事: 「ニキビじゃなくてカビ!? 肌荒れの原因と対処法」

③夏はいつもより“ちょっと”丁寧なクレンジングを

夏場の肌には、いつもよりちょっぴり丁寧なクレンジングと洗顔が必要。その理由は「日焼け止め」にあります。

紫外線が強い夏は、日焼け止めをしっかりと塗っている女性が多いかと思います。日焼け止めは肌負担が大きいものもあるので、専用クレンザーや美容スチーマーなどを使って、しっかりと汚れを浮かしてクレンジングして、肌にダメージが残らないようにしてあげましょう。ただし、前述の通り“ごしごし”はこすらないでくださいね。
サウナで汗を流すことも毛穴の奥の汚れを落とすスペシャルケアに有効ですよ。その後の保湿は忘れずにしっかりと与えてください。

温度も日照時間も変わるのだから、洗顔も季節によって変えるのが当たり前。大変なことに思えますが、お金をかけなくても、日々自分に合った洗顔を研究し、小さなひと手間を加えるだけで肌代謝が上がり、確実に美肌の道へと繋がるんですよ。今回ご紹介した方法は、ほとんどスペシャルなアイテムを使用しません。
鏡で自分の肌を見る時間を楽しいものにするためにも、これからの夏の洗顔方法をすこし変えてみてはいかがでしょうか。

SAEMI

SAEMI ビューティライター・アドバイザー

“日本の女性をより美しくしたい”という夢と美への好奇心から国内外のミスコンに出場し様々な美を学ぶ。世界大会ではFriendshipを受賞。その経験からライターやビューティアドバイザー・さらにモデルとしても活動中。自身のコンプレックス克服や体質改善のために様々なダイエットや食事改善を実践しグルテン・シュガーフリーな生活を送っている。
肌質は混合肌。ホリスティックビューティー検定2級保持。

RECOMMEND おすすめ記事