ライフスタイル

スキンケア、ボディケア、ストレス発散など、日ごろから取り組める健康に関するカテゴリです。
ステキな毎日をおくるヒントとなるような話題を提案します。

【レシピ動画】生姜×緑茶×白インゲン豆を使った、ちょっぴりイタリアンカラーなレシピでダイエットをサポート!

ダイエットをサポートする食材はさまざまなので、どれを食べようか迷ってしまいますよね。そこで今回は、管理栄養士おすすめのダイエットをサポートする3つの食材を使った簡単レシピをご紹介します。 使用するのは、生姜・緑茶・白インゲン豆。 「緑茶を料理に使うの!?」と驚くかもしれませんが、緑茶は味に深みを与えておいしくしてくれるアイテムです。また、白インゲン豆はふだんは料理にあまり使用しない食材かもしれませんが、炊飯器で茹でてしまえば気軽に使うことができますよ。

【レシピ動画はこちら🔊】 

生姜・緑茶・白インゲン豆。それぞれのダイエットをサポートする働き

「生姜」
生姜に含まれるショウガオールは、代謝を高めて身体を温める働きがあります。

「緑茶」
緑茶に含まれるカテキンは、脂肪燃焼を助ける働きがあります。

「白インゲン」
白インゲン豆に含まれるファセオリンは、炭水化物の消化・吸収を抑える働きがあります。

 

これらは単体でとるよりも、ダイエットをサポートする働きをもつ食材と一緒にとることで、より一層の働きが期待できます。

より効果的にダイエットするなら、夜の食事は糖質少なめがおすすめ

糖質は身体のエネルギー源として優先的に使われるので、糖質摂取量が減ると、脂肪が優先的に燃えやすくなります。
特に活動量の少ない夜は糖質を控えることで、身体の脂肪が燃えやすくなります

今回ご紹するレシピは、肉や野菜、白インゲン豆がたっぷり!夕食で食べる際は、ごはんやパンがなくても、サラダを添えるだけでも満足感がありますよ。

それでは、レシピをご紹介します。

白インゲン豆のジンジャー緑茶トマト煮 【 約421kcal(1人分)】

【レシピを動画で見る】

 

【材料】(2人分)
白インゲン豆…100g
トマト   …2個
ズッキーニ …1/2本
パプリカ  …1/2個
生姜    …2かけ
鶏もも肉   …1枚
醤油    …小さじ1
水     …200ml
酢     …大さじ1
みそ…小さじ2
まるごと緑茶 上煎…1袋(1g) ※
塩こしょう…適量
オリーブオイル…大さじ1

※今回のレシピではFANCLのまるごと緑茶 上煎を使用しました。

 

【作り方】
1.白インゲン豆を洗って炊飯器に入れ、ひたひたの水をそそいでひと晩おいたら普通モードで炊く。(夏場は冷蔵庫でひと晩置きましょう)白いんげん豆は柔らかくなるまで十分に煮ましょう。

2.トマトはざく切りする。ズッキーニは1cm幅の輪切りにする。パプリカは一口サイズに切る。生姜はすりおろす。鶏もも肉は皮をはがして一口サイズに切り、醤油で下味をつける。

3.フライパンにオリーブオイルをひいて中火で熱し、鶏もも肉を色が変わるまで炒めたら、トマト、ズッキーニ、パプリカ、生姜を加えてさっと炒める。

4.水、酢、みそ、白インゲン豆を加えて水気が少なくなるまで煮たらまるごと緑茶 上煎を加え、塩こしょうで味を調える。

【まとめ】

生姜のピリッとした風味とトマトや酢の酸味でさっぱりと食べられるこの1品は、暑い季節にぴったりですよ。野菜はお好みのものを入れてもおいしく食べられます。ぜひ気軽に作ってみてはいかがでしょうか。

 

ダイエットは1日で終わるものではないので、ダイエットサポートレシピを作って食べて楽しみながら、痩せやすい身体づくりをしていきましょう。

【監修情報】

五十嵐ゆかり

五十嵐ゆかり 管理栄養士・料理研究家

1987年生まれ、千葉県出身。ゆるく気軽に取り入れられるグルテンフリーレシピや減塩でもおいしく作れる料理のコツなど、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを提案している。美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。魅力発信☆むつざわ未来ラボの一員としての出身地の千葉県長生郡睦沢町のPR、PAKUTASOフリー素材モデルとして福岡県大刀洗町のPRに携わるなど、地域活性化活動にも取り組んでいる。

著書に「食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖」や「発酵いらずのちぎりパン」、「塩レモンでつくる基本のおかず」など。

RECOMMEND おすすめ記事