美容・化粧品

スキンケアやメイクの基本、美容に良い食品など、
美のプロフェッショナルたちがアドバイス。

ニキビじゃなくて顔カビ!? 皮膚科医に聞く肌荒れの原因・対処法

「赤ニキビがなかなか治らない」「ニキビ薬を塗っているのに変化がない」という悩みを抱えている方。
実はそれ、ニキビではなくて顔カビによる炎症かもしれません。

顔カビはニキビとは原因もメカニズムも異なるため、通常のニキビ対策では改善されません。
そこで今回は、顔カビによって起こる肌荒れのメカニズムや、ニキビとの違い、顔カビの予防法や対策法などについて解説します。

✍目次

顔カビとニキビの見分け方
顔カビってなに?
マラセチア菌が原因で起こる症状
顔カビによる肌荒れの対処法と顔カビを防ぐ方法

顔カビとニキビの見分け方

顔カビによる炎症とニキビは、一般に赤いブツブツの出方によって見分けられます。

光沢のある赤いブツブツが細かく均等に分布していたら顔カビが原因の炎症です。

一方ニキビは、炎症の度合いによって赤いブツブツの大小が変わります。
ただし、専門家でないと簡単には見分けがつかないため、皮膚科を受診して判断してもらうのがベストです。

顔カビってなに?

顔カビの正体は、マラセチア菌という常在菌です。

もともと人間の皮膚に存在する菌で、肌のバランスが整っていれば、肌にプラスの働きをしてくれます。
しかし何らかの原因で肌のバランスが崩れると、マラセチア菌が毛穴で増殖します。
肌が増殖したマラセチア菌を異物とみなすと、皮膚に炎症を起こしてしまいます。

顔カビは、カビの一種なので高温多湿を好みます。

汗かきの人に発症しやすく、汗をかきやすい夏場や湿度の高い梅雨時に悪化しやすくなります。

化粧水や乳液などをベタベタとつけすぎるのもよくありません。
もちろん肌の保湿は大切ですが、水分量が多すぎると顔カビの増殖につながってしまうので注意しましょう。

また、風邪などで抗生剤を服用しているときに、顔カビが増殖することもあります。
抗生剤は細菌に効く薬ですがカビには効きません。
抗生剤の影響で皮膚の細菌だけが減少すると、肌のバランスが崩れてカビが増えることがあります。
ほかにも、免疫力が低下しているときに発症しやすいのも特徴です。

マラセチア菌が原因で起こる症状

マラセチア菌が増殖すると、さまざまな症状が現れます。
ここでは、代表的な3つの症状をご紹介します。
以下のような症状が現れたら、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

・脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)

頭、眉毛、鼻の周り、わきなど、脂漏の多い部位に起こりやすい病気です。
脂漏性湿疹になると、肌が赤くカサカサになるといった症状が現れます。
治療には、皮膚科で処方される抗真菌剤が効きます。

・マラセチア毛包炎

耳、背中、肩、腕など、身体にできやすい病気です。
増殖したマラセチア菌が免疫反応で異物とみなされた場合、毛穴に赤いブツブツが出現します。
皮膚科で処方される抗真菌剤で治ります。

・でんぷう(不完全菌・不完全酵母)

黒なまずと呼ばれる薄い褐色班や白斑(白なまず)がまだら状に身体に出現します。
シミと勘違いされることも多いのですが、マラセチア菌が原因の病気です。
マラセチア菌がメラノサイトやケラチノサイトなどの色素細胞に作用して、異常が起こることが原因といわれています。

顔カビによる肌荒れの対処法と顔カビを防ぐ方法

顔カビに気がついたら、早めに皮膚科を受診しましょう。
皮膚科で処方する抗真菌剤は顔カビによく効きます。
例えば「ケトコナゾール」などの抗真菌剤は基礎化粧品と併用できるため、基礎化粧品を使ったあとに塗ることができます。

顔カビを防ぐには、肌を清潔にすることが第一条件です。
まずは、朝晩の正しい洗顔を心掛けましょう。
洗顔する際は、洗顔フォームをしっかり泡立てて、洗い残しのないように気をつけてください。

また、汗をかいてそのままにしていると、顔カビが増えてしまいます。

洗顔や洗髪、シャワーを浴びるなどの基本的なことをしっかりとして、きちんと汗を洗い流すことをおすすめします。
タオルや枕カバー、ファンデーションのパフやメイクブラシなど、肌に直接ふれるものも清潔に保ちましょう。

また、顔カビは高温多湿を好むので、汗や湿気を防ぐためにエアコンで湿度をコントロールするのも効果的です。
炎症が治りにくいときは、エアコンや空気清浄機をこまめに掃除すると、症状が改善されることもあります。

それからストレスをためないことも大切です。
適度な運動を心掛け、バランスの良い食事で生活習慣を整えて。

食事では、皮脂調整機能をもつビタミンB群、なかでもビタミンB6を積極的に摂ることをおすすめします。
水溶性のビタミンB6は日常的に摂る必要があるため、定期的に食事から摂るのが難しい場合はサプリメントを利用するのも手です。

<監修>

江川 裕美

江川 裕美 千里中央ゆみスキンクリニック院長

「大阪市立大学医学部」、「大阪市立大学大学院医学研究科」卒業。「京都医療センター皮膚科」、「洛和会音羽病院皮膚科」、「宇治武田病院皮膚科」、「大阪府内の美容皮膚科」などを経て、2016年9月「千里中央ゆみスキンクリニック」開院。「医学博士」、「日本皮膚科学会専門医」。

クリニックでは、美容皮膚科、一般皮膚科、形成外科、漢方内科を提供し、分かりやすい説明と質の良い医療を心掛けています。モットーは、「皆様の肌にやさしいクリニック」。女性医師の立場から、美容に関するお悩みにも真摯に向き合い、健康的で自然な美しさの追求と、それを維持するお手伝いができればと思っております。

RECOMMEND おすすめ記事