予防医療でかなえる充実した人生

男性ホルモンの役割

予防医療でかなえる充実した人生
病気にならない体づくり

女性だけでなく男性にも更年期障害がある

男性にお聞きします。「最近、元気がない」「やる気が出ない」そんな症状はありませんか。原因としていちばん考えられるのは、男性ホルモンの減少です。いちばん分かりやすいのは朝の勃起で、40歳を過ぎた男性で回数が少なくなってきたら、男性ホルモンが減少してきたサイン。

そもそも男性ホルモンは、男性だけがもっているものではありません。実は男女ともに、男性ホルモン、女性ホルモンをもっていて、その割合によって男女の性差が生まれます。

男性は加齢とともに男性ホルモンの分泌が減少し、女性ホルモンの比率が上昇。だんだんと角が取れて穏やかになっていきます。女性は更年期になると女性ホルモンの分泌が著しく減少し閉経を迎えますが、男性ホルモンの量は変わらないので、気が強くなってくる傾向があるといわれています。まさに男女逆転です。

男性ホルモンは元気、やる気の源

男性ホルモンの中でもっとも強い作用を示すホルモンが、テストステロンです。やる気や冒険心、精神力や行動力を促す効果があり、パワーの源です。

男性の場合、早い人では40代からテストステロンが減少し始めます。そのうえ、忙しい社会生活でのストレスが、テストステロンの低下を促進します。

テストステロンの減少は、病気の原因にもなります(上記の表参照)。特に40~50代の更年期障害で多いのが、うつ反応で、一日中憂うつな気分だったり、イライラして怒りやすくなる、また、かなりの睡眠障害も起こします。

女性の更年期障害でも同じ症状が出ますが、男性は精神科や心療内科を受診しがちです。しかし、まずは男性ホルモンの減少を疑い、テストステロン補充療法などができる泌尿器科を受診することをおすすめします。一人で悩まないことも大切です。

そのほか、内臓脂肪が蓄積されて、メタボリック症候群になったり、それが進むと認知症になりやすいことでも注目されています。さらには、テストステロンの低下が大きいほど、寿命も短くなることが医学的に証明されています。

私たちは長生きになりました。健康のためには「食事管理」「運動」「社会活動」が大切ですが、さらに積極的な攻めの長寿を目指すなら、「男性ホルモン管理」を加え、幸せの四つ葉のクローバーのように4つそろうことが極めて重要です。

男性ホルモンの低下し始める40~50代に、男性ホルモンを急激に下げないように医学的対応をすることが、第二の人生を楽しく過ごせることになるのです。

男性の体調不全チェックリスト

  • 1 体調がすぐれず、気難しくなりがち。
  • 2 不眠に悩んでいる。
  • 3 動悸・息切れ・息苦しいことがある。
  • 4 ほてり・のぼせ・多汗がある。
  • 5 腰痛・手足の関節の痛みがある。
  • 6 手足がしびれる、ピリピリする。
  • 7 最近、ひげの伸びが悪くなった。
  • 8 尿意が我慢できなくなり、漏らすことがある。
  • 9 勃起力が減退したと感じる。
  • 10 性欲が減退したと感じる。

40歳以上の方で、該当する項目が5つ以上ある場合は男性更年期障害の可能性があるので注意しましょう。

男性の健康長寿には、攻めの
食事・運動・社会活動+男性ホルモン

RECOMMEND おすすめ記事