予防医療でかなえる充実した人生

血管ケアで詰まりを防ぐ

予防医療でかなえる充実した人生
病気にならない体づくり

血管の硬さから分かる「血管年齢」

「血管年齢」という言葉を聞いたことがありますか?
血管の老化度、つまり、動脈硬化の進み具合をみるものですが、血管の硬さを年齢で表したものといったほうが分かりやすいかもしれません。
若い血管はしなやかで柔軟ですが、老化した血管は弾力がなく硬くなります。
しかし、硬い血管=病気というわけではありません。
血管が硬くなることで動脈硬化が進み、血管が詰まりやすくなるということが問題なのです。

動脈硬化は、体のすみずみに酸素や栄養を運ぶ役目をもつ血管(動脈)が、年齢とともに硬くなったり、血管を狭めて血液の流れが悪くなることです。
血管の老化が進むと、心臓の血管が詰まって起こる狭心症や心筋梗塞、脳の血管が詰まって起こる脳梗塞など、病気のリスクが高まります。

血管を若く保つことが病気を寄せ付けない体づくりの近道。まずは「自分の血管が何歳なのか?」を調べてみませんか。
血管年齢を調べる一般的な検査法が「血圧脈波測定」です。この検査では、太い血管の硬さ・詰まりも分かります。
血管の老化は、自覚症状がほとんどないので、命にかかわる大病を患って初めて気づくケースも少なくありません。

食事や運動など生活習慣を改善する

血管年齢が実年齢よりも上回っている人の多くは、糖尿病・高血圧・脂質異常症、慢性腎臓病などの生活習慣病を患っているか、その予備軍です。
これには内臓脂肪型の肥満(メタボリック症候群)も含まれます。
また、大量の活性酸素によって体がサビつく酸化ストレスや、糖質の摂りすぎで血管の老化を進める糖化、心のストレスも血管年齢を上げる原因とされています。

それでは、血管の若さを保つためには何をすべきでしょう?
クリニックで受けられる治療として「キレーション療法」があります。これは、デトックス効果が期待できるキレート剤を点滴するというもの。
もともとは、食事や環境汚染などが原因で、体内に溜まった有害物質やミネラルを排出するのが目的ですが、10年の歳月をかけたアメリカでの大規模な臨床試験で、動脈硬化への確かな効果が認められました。
血管壁に溜まったカルシウムなどを追い出すことで、血管を健康な状態に近づけ、動脈硬化の予防・改善に導くと考えられています。
日本ではまだあまり知られていませんが、今後、予防医療に役立つことでしょう。

日常生活では生活習慣病のリスクを取り除くことが第一です。
そのためには、食事や運動習慣の改善、酸化ストレス対策も必要です。
血管の老化を促す要因のひとつ、活性酸素を消去するカロテンやポリフェノール、ビタミンC、アスタキサンチンのほか、ビタミンB群などの栄養素を積極的に摂りましょう。
食事だけでは不十分な場合は、サプリメントを活用すると、効率良く摂ることができます。

動脈硬化予防で大病のもとを絶つ!

RECOMMEND おすすめ記事