老眼・疲れ目対策

目が疲れやすい、目の調子が悪い。それは老眼の初期症状かも?
老眼やスマホ老眼の基礎知識や、アイケア方法を、専門家がアドバイス。

「これって老眼?」シリーズ②老眼を進行させるNG習慣とは?

30代で初期症状を感じ始める人も多い「老眼」。

老眼の基本情報についてご紹介した『シリーズ「これって老眼?」①初心者でもわかりやすい老眼の基礎知識』に続き、今回は若い世代が老眼になる原因や老眼を予防改善するために日常生活で気をつけるべきポイントを取り上げます。

目次

老眼を進行させるNG習慣とは?
 ①パソコン・スマホなどを長時間連続して見続ける
 ②度数の合っていないメガネやコンタクトレンズを使う
 ③過度に紫外線を浴びている
 ④目の筋肉が血行不良で凝り固まっている
 ⑤物を見る距離が近すぎる

老眼を予防・改善するためにはどうしたらいいの?
 ①パソコンやスマホを使うときは、適度に目を休ませて
 ②パソコンやスマホは輝度を下げて
 ③ホットアイマスクで目の周りの筋肉を緩めて
 ④外出時は瞳の紫外線対策をして
 ⑤老眼が進行しているなら、無理せずに“道具”の力を借りて


■まとめ

老眼を進行させるNG習慣とは?

老眼は目の“病気”ではなく、目のピント調節機能が低下することによって生じる加齢現象です。
そして老眼の進行の速度は、その人の生活習慣によって異なります。

そこで、老眼を進行させるNG習慣を以下の5つにまとめてみました。
みなさんにも当てはまる項目があるのではないでしょうか。

 

①パソコン・スマホなどを長時間連続して見続ける

長時間にわたって焦点を動かさずに一点を見続けていると、目のピント調節機能を司る筋肉・毛様体筋(もうようたいきん)の働きが低下し、老眼を進行させてしまいます。

パソコン作業やスマホ使用・読書・テレビゲーム・テレビ視聴をするときはついつい一点を見つめがちなので、これらの長時間利用は老眼を進行させる原因になりかねません。

また、パソコンやスマホを使っているとブルーライトの強い光が目に入り、瞳孔はずっと閉じ気味の状態になります。
実は瞳孔の開閉を行っているのも毛様体筋なので、瞳孔の開閉が少なくなる=毛様体筋の働きが低下し、老眼がより進みやすくなるといえるのです。

 

なお、老眼と直接的な関係はありませんが、ブルーライトを浴びることによって瞳の表面が乾くと、ドライアイや眼精疲労が生じます。また、網膜の炎症や障害を引き起こす可能性も。

老眼だけでなく、広義の意味での“目の健康”にとっても、パソコンやスマホの長時間使用はあまり良いとはいえないのです。

 

②度数の合っていないメガネやコンタクトレンズを使う

老眼の症状が出始めると、長時間のパソコン・スマホ使用や読書が辛くなります。
そうなったとき、いつも使っている矯正度が強いメガネやコンタクトレンズをそのまま使うのはよくありません。

目の筋肉を強く緊張させる状態を生み出してしまい、老眼の進行を早める原因になります。

 

③過度に紫外線を浴びている

紫外線には細胞傷害性があるため、目の中の筋肉や神経・ヒアルロン酸などといったタンパクでできている成分を破壊し、目の機能を低下させます。

また、紫外線は目のピント調節機能が落ちて老眼が進行するだけでなく、白内障や硝子体混濁(飛蚊症の原因となる症状)といった目のトラブルにも繋がります。

 

④目の筋肉が血行不良で凝り固まっている

目の中や目の周りの血流が悪くなっていると、筋肉が凝り固まって瞳のピント調節機能が低下しやすくなり、老眼を助長してしまいます。

このような状態は、一日中パソコンワークをして目を酷使している人によく見られるケースです。また、栄養が極端に偏っていて血流が悪くなり「いつもなんとなくピントが合わない…」というようなケースもあります。

 

⑤物を見る距離が近すぎる

近すぎる距離でパソコンやスマホ・ゲーム・本・テレビなどを見ていると、目のピント調整をする毛様体筋が強く緊張します。

このような状態が長時間続くと、筋肉が凝り固まって、老眼の原因になってしまいます。例えば、日頃からベッドに横になって至近距離でスマホを見たり本を読んだりしている方は注意が必要です。

 

こういったNG習慣の積み重ねが、老眼を進行させる要因となっています。
次の項では、これらのNG要因を排除し、老眼を予防・改善するためにはどうしたらいいかについて考えていきましょう。

老眼を予防・改善するためにはどうしたらいいの?

老眼は、目の“病気”ではありませんので、老眼を治すためのお薬や治療はありません。
老眼にならない・老眼の進行を遅らせるためには、日常生活における予防・改善策を実践することが大切です。

老眼を予防・改善するために必要なのは、緊張状態になりがちな毛様体筋を緩めてあげることです。
そこで、以下のポイントに気をつけてみましょう。

 

①パソコンやスマホを使うときは、適度に目を休ませて

最近では「スマホ老眼(※)」なんて言葉もあるように、パソコンやスマホの長時間使用が老眼を早めることがわかってきています。とはいえ、パソコンやスマホの使用時間を短くするのは、私たち現代人にとってはなかなか難しいこと。

ですから、パソコンやスマホを使うときには、長時間連続して行わずに適度に目を休ませるよう意識しましょう。
総時間が長かったとしても、ずっと一点を見続けずに度々焦点を変えることで筋肉への負担を和らげることができます。

15分に一度程度、画面や本から目を離して遠くを見たりキョロキョロと目を動かしたり目をぎゅっとつぶったりしてみてください。こうすることで緊張しがちな毛様体筋が緩み、老眼症状の予防・改善が期待できます。

(※)関連記事:「若年層に「スマホ老眼」急増中!?その実態と対策を知ろう

 

②パソコンやスマホは輝度を下げて

パソコンやスマホから発せられる強い光を軽減するために、画面の輝度を下げるというのも良い方法です。
目に対する負担が少なくなり、眼精疲労や老眼だけでなく、網膜の変性に伴う炎症の予防に繋がります。

 

③ホットアイマスクで目の周りの筋肉を緩めて

目の周りの筋肉の緊張状態を緩めるためには、ホットアイマスクの使用も効果的です。

「長時間のパソコン作業で目が疲れた・視界がかすんできた」というときは、画面から目を離して遠くを見たり目をぎゅっとつぶったりした後に、ホットアイマスクで目元を温めてあげましょう。
筋緊張がほぐれてかなり楽になるはずです。

 

④外出時は瞳の紫外線対策をして

日差しの強い日中に外出する際には、瞳の紫外線対策として、紫外線カットサングラスをかけるのがおすすめです。

 

⑤老眼が進行しているなら、無理せずに“道具”の力を借りて

すでに老眼が進行している方は近くの物が見えやすく、また目が疲れにくい低矯正のメガネ(老眼鏡)やコンタクトレンズの用意を。パソコン作業やスマホ使用・読書・細かい作業をするときなど、状況に応じて使うようにしましょう。

 

なお、老眼鏡や低矯正コンタクトレンズを作る際には、眼科を受診するのがベスト。
眼科なら、ひとりひとりの目の状態に合わせた最適な処方をお出しできます。

まとめ

老眼を進行させるNG習慣の中には、日頃ついついやってしまっている項目があるのではないでしょうか。
老眼を進行させないために、今回ご紹介した生活習慣における予防・改善のポイントを参考にしてみてください。

次記事では、老眼と食生活との関係性に焦点を当て、老眼の予防・改善に効果的な栄養素や食べ物をご紹介します。
近日公開しますので、お楽しみに!

関連記事:「「これって老眼?」シリーズ③老眼を予防・改善してくれる食べ物・食生活で気をつけるポイントについて」

【監修】

野﨑 真世

野﨑 真世 医療法人涼悠会・梅北眼科

大阪のグランフロントに構える医療法人涼悠会・梅北眼科の眼科医師。

眼科一般診療をはじめ、白内障・緑内障などの定期検査・網膜裂孔や糖尿病網膜症に対するレーザー治療・メガネやコンタクトレンズ処方、さらに一部形成外科手術などを行う。子どもの治療にも力を入れており、近視進行予防についての提案もしている。

RECOMMEND おすすめ記事