ダイエット

食事・運動・生活習慣・メンタルまで!効果的で無理のない、
おすすめのダイエット方法を専門家がアドバイス。

最強なフォトジェニックボディを作る筋トレ・ヒップアップ編【フィットネスモデル・Myunghae監修】

健康的な肉体美・しなやかさを競うフィットネスモデルの中で、
いま注目すべき女性の一人が、上海アジア音楽祭で日本勢初の銅賞&最優秀魅力賞を受賞したMyunghae(ミョン)さんです。

Myunghaeさんが人気の理由のひとつは、写真からも伝わる『美しいお尻』
その美しさは、女性でもつい2度見してしまうほど……!
そんなMyunghaeさんに、今回は美尻の作り方を教えていただきました。

 

【腹筋編】をご覧になっていない方はこちらを併せて読むと楽しいですよ。
最強なフォトジェニックボディを作る筋トレ・腹筋編

目次

①お尻を鍛えるのは大変?
②お尻を鍛えるとどうなるの?
 ー中級(動画あり)
 ー上級(動画あり)
 ー番外編(動画あり)
③ヒップアップの第一歩は「まず始めること!」

お尻を鍛えるのは大変?

――お尻を鍛えるのは“大変”というイメージがありますが、実際のところ、どうなのでしょうか?

Myunghae: 腹筋の回でもお話しましたが、楽~に何回もできてしまうようなエクササイズは筋肉に効いていません(笑)
お尻に限らず、どのパーツも鍛えるには多少の負荷をかけることが必要だと考えてください。

でも、ストレスにならないように工夫することはできます。
例えば座り仕事をしている方ならスキマ時間を見つけて、お昼休憩中に少しお尻に刺激を与えてあげる簡単ヒップトレーニングを5~10分行なったり(※【スキマ時間にできる筋トレ】参照少しの移動を利用してつま先歩きでヒップアップをイメージして移動するなどの筋トレが可能です。
はたから見たら少し怪しいですが(笑)大汗をかくようなものではないですし、ちょっとした心がけと行動で筋肉が変わるのであれば、鍛える=大変という考えは変わるかもしれません。

お尻を鍛えるとどうなるの?

――お尻を鍛えると、どのような嬉しいことが起こりますか?

Myunghae: これもお尻に限った話ではありませんが、身体を鍛えると着こなせるファッションの選択肢が増えるので、それが楽しみや嬉しさになることはあります。
ハイウエストスキニーは良い例で、キュッと上がったお尻とひき締まったお腹があるとキマるので、そういう攻めたファッションにどんどん挑戦してゆけるのはひとつのモチベーションになります。

 

≪注意≫
以下より紹介するトレーニングは無理をしない範囲で行いましょう。
痛みを感じたら中止して様子をみるようにしてください。

フォトジェニックなお尻を作る筋トレ・中級

寝ながらできる、お尻の筋トレです。

ステップ①仰向けになり、足をひし形に開きます。
手は身体に対して八の字にして、手のひらを床に軽くおきます。

ステップ②手の力を使わずに、お尻をお尻の力で上方向に持ち上げます。

ステップ③お尻を元の位置にゆっくりと戻す。ステップ①~③を15回✕3セットしましょう。

【筋トレポイント】
お尻を収縮させて「これ以上は持ち上げられない!」というポイントまで頑張りましょう。

フォトジェニックなお尻を作る筋トレ・上級

徐々にお尻に刺激を加え、最後のステップ(ステップ④)で負荷をかけることで、ヒップアップができるエクササイズです。

ステップ①四つんばいになります

ステップ②姿勢を整えたら、片足の膝を胸に近づけます。
実際に膝と胸をくっつけるのは難しいので、あくまで近づけるように努力するレベルでOKです。

ステップ③そのまま足を後ろにもっていき、つま先を天井の方向に突き刺すように上げる。
これ以上は上がらないところまで頑張ってあげましょう。

ステップ④ステップ①と②を10回~15回繰り返したら、最後に③の姿勢のまま足先をツンツンと20回バウンドしましょう。
これを左右の足で行いましょう。

 

【筋トレポイント】
お尻の筋肉が固くなっていくのを意識してチャレンジしましょう

フォトジェニックなお尻を作る筋トレ・番外編【スキマ時間にできる筋トレ】

 

日常で座っている時間の多い女性は、スキマ時間を見つけて、この動きをしてみましょう。
お尻~ハムストリングス(下肢後面)の連動している筋肉に効きます。

ステップ①立ちながら腹筋に力を入れる。内側に力を入れるイメージで。

ステップ②片足を大きく前に出します。姿勢が崩れないように気をつけて、左右の足それぞれ5回~程度行いましょう。

ヒップアップの第一歩は「まず始めること!」

Myunghaeさんが主催する「美尻ワークショップ」は、SNSで告知するとすぐに定員オーバーするほどの人気を誇ります。

「でも、プライベートの友人たちにも筋トレのアドバイスをしても、なかなかやらないんですよね(笑)」
と、Myunghaeさんは笑います。

Myunghaeさんほどきれいなお尻の方に言われても、なかなか動けないなんて……と感じますが、それほどに筋トレを始めるのは、“億劫(おっくう)”のかもしれません。

でも、だからこそ、この記事をここまで読んでくださった方には、ご自身のライフスタイルに合わせて無理のない範囲で、ご紹介したヒップアップの筋トレを試してみてほしいと思います。

今日の“面倒くさい”を超えることが、未来の美尻への第一歩なはず!

次回はMyunghaeさんにフィットネスモデル流の美しい姿勢(歩き方)の筋トレを教えていただきます。
近日公開しますので、楽しみにしてくださいね。

 

【腹筋編】をご覧になっていない方はこちらをチェック!
最強なフォトジェニックボディを作る筋トレ・腹筋編【フィットネスモデル・Myunghae監修】

【監修】

Myunghae(ミョン)

Myunghae(ミョン) フィットネスモデル

持病による身体の弱さを克服するために始めたフィットネスがきっかけで、フィットネスモデルの世界に進んだ。2016 SUMMER STYLE AWARD NOVICE グランプリ、2016 GLITTER✕PERADE ビューティーヒップコンテスト3位、上海アジア音楽祭 日本勢初の銅賞&最優秀魅力賞受賞などの輝かしい功績を記録。最近ではヒップアップのワークショップを開催するなど、経験を活かした活動を精力的に行っている。

RECOMMEND おすすめ記事