ダイエット

トレーニングや、食事方法など、ダイエットに関するカテゴリです。
つらいダイエットではなく、健やかで無理のないダイエット方法を提案します。

ベリーダンスでつくる、しなやかなボディライン。 エクササイズ効果も期待大!

7000年もの歴史を持つベリーダンス。エジプトやトルコが発祥とされていますが、その起源は未だはっきりとはわかっていません。最新の研究では、インドのラジャスターンで生まれたのではないかと考えられています。ベリーダンスは国や地域ごとに特色があり、きらびやかな衣装は千差万別、使われる楽器や奏でるリズムも少しずつ異なります。共通しているのは、それぞれに「女性を美しく引き立てる」ものであること。そんなベリーダンスのミステリアスな魅力と、ベリーダンスが女性のからだにもたらす効果をご紹介します。

ベリーダンスの特徴

体感温度が50度にもなる砂漠が起源とされるベリーダンスは、女性たちが出産に耐えうるからだをつくるために、厳しい生活の中から必然的に生みだしたのではないかといわれています。

その動きは、緩やかで滑らかなものから筋肉の収縮を強く行うものまでバリエーションが豊富。全体的に無理のない自然な動きで構成されているので、心地の良い癒しに満ちているのが特徴です。縮める、伸ばす、リラックスさせる、固定させるなどの多様な動きは、心身共に健康な状態を作り出すと信じられています。またそれぞれの動きを研ぎ澄ますことで、からだが「ほぐれる」「鍛えられる」「美しく形作られる」など、女性のからだにプラスの効果をもたらします。ベリーダンスは、女性にとって良いことづくしのダンスなのです。

美しいボディラインをつくる秘密

ベリーダンスで使う筋肉群は、表面的なアウターマッスルではなく、深層筋と呼ばれるインナーマッスルから背骨のあたりの筋肉です。インナーマッスルを鍛えることは基礎代謝を上げることにつながるため、ダイエットにも多く採り入れられています。

ダンスの動きには、からだの内側の筋肉にアプローチして体幹を鍛えるものが多いので、マッチョになりにくく、しなやかで女性らしいボディラインを手に入れられます。また、一人ひとり自由な美意識で指先から足先までの神経をめぐらせることで、女性ホルモンの分泌を促し、美肌効果も期待できるといわれています。さらに、左右対称の動きによって骨盤のゆがみが矯正され、「お通じが良くなった」などの効果を感じる方もいるようです。

ベリーダンスのテクニック

「シミー」という独特な体振動のテクニックは、衰えがちな太腿内腿をリラックスさせ血行をよくします。さらに、振動が背骨を揺らすことで神経系にも安らぎを与え、メンタルにも良い影響があるのではないかといわれています。また、「ヒット」、「アタック」という内腿の筋肉を収縮させるテクニックは、「ベリーダンスの美しさの秘訣」ともいわれる特徴的な動きで、からだの内側の筋肉群を目覚めさせます。ほかにも、「アイソレーション」と呼ばれる、からだの部位ごとに鍛える方法もあります。部位ごとのダイエットはもちろん、ヒップアップ効果や理想のふくらはぎ、引き締まった足首を求めて、踊る人それぞれが意識して取り入れることが可能です。「ショルダーコントロール」と呼ばれる動きのバリエーションを使えば、背中側に逃げてしまいがちな脇肉を活躍させて引き締め、バストの上の凝り固まった部分をほぐすことで、バストアップも期待できます。

魅惑的なベリーダンスを踊れば、アラブのリズムや歴史を身近に感じられるだけでなく、女性に共通する美意識や優しさ、感性をも磨くことができます。ベリーダンスを通じて、「自分なりの適正な美しさ」を目指し、健康的で女性らしいからだづくりをはじめてみてはいかがでしょう。

監修

後藤宏美(ごとう ひろみ)

後藤宏美(ごとう ひろみ) ベリーダンス講師、武神館武道体術師範

ベリーダンススタジオ「Eva Belly Dance Studio」オーナー兼講師、「武神館武道体術師範」。ベリーダンスでは、「(カナダにおける)ハディアメソッド レベル3講師(最高位)」を取得。10代から映画女優、タレント、雑誌モデル、キャンペーンガール、NHK国際放送ドラマでヒロインを演じるなどの活動を経て、ベリーダンススタジオのオーナー兼マスターティーチャーとして独立。ベリーダンスを極めると同時に古武道にも目覚め、「武神館武道体術師範」の免許も併せ持つ。現在も古武術道場「武神館」「Eva Belly Dance Studio」に在籍。「違いを受け入れる」「個々を愛して和を成す」「みんなに元気になってもらう」をモットーに、思いやりのある丁寧な指導が評判。

RECOMMEND おすすめ記事